ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.5.20 07:33日々の出来事

山尾志桜里VS片山さつきの結果


MXテレビの「サンデークロス」で、山尾志桜里VS

片山さつきの議論を見た。

 

まず第一に、宇野常寛氏が大変良い働きをしていた

ことに驚いた。

 

第二に、片山さつきが「憲法論」を避けて、「政治論」

ばっかりしていたのに、失笑した。

国民から見れば、「政治論」なんか、事情が分からない

のだから、どうでもいい。

問題は「憲法論」なんだ。

 

少なくとも山尾志桜里氏が立憲民主党の憲法調査会の

「事務局長」に就任したようだから、枝野代表も、

「ゴー宣道場」での発言を踏まえて、一歩踏み出した

ことになる。

 

第三に、片山さつきは、安倍「自衛隊明記」が、

自民党が積み上げてきた憲法改正議論の集大成のよう

に言っていたが、馬鹿を言いなさんな。

「自衛隊明記」は日本会議のトップの入れ知恵に過ぎ

ないじゃないか。

自民党の改憲議論の成果は、本当は石破茂案のはず。

片山さつきは憲法論では勝てないから、「政党で出せ」

と言い続けているに過ぎない。

 

第四に、そもそも憲法改正するために、まず憲法の

理念や哲学を、国民と共に議論するのは、「立憲主義」

を理解している者ならば当然のこと。

権力者が名誉欲のためだけに出す憲法案なんか、国民

のためではないことは明々白々だ。

 

条文を先に提出しろというのは、ネトウヨの唯一の

反論だが、片山さつきも言ってたから可笑しかった。

ネトウヨは権力の僕だから、上から「条文」を出して

もらいたがる。

だが「立憲主義」は、国民が「どんな憲法を望むか?」

を議論してから、条文を考えるのが筋なのだ。

ネトウヨは「立憲主義」の意味も分かっていない

ノータリンだから、「条文!条文!はよちょうだい」と、

鯉みたいに口をパクパクさせている。

バカは死ねとしか言いようがない。

 

山尾氏はこれまで「ゴー宣道場」でも積み重ねてきた

議論をもとに、いよいよ条文案も提出するようだ。

そのときは「ゴー宣道場」で、山尾氏の条文案を巡り、

また議論をすることになる。

 

第五に、片山さつきは、集団的自衛権を認めた安保法制

を国民も受け入れたかのように言っているが、あれは

「強行採決」じゃないか。

わしは認めていない。

日本がアメリカの「属国状態」であるという認識なしに、

集団的自衛権を認めることが、どれほど危険なことか

分かってないのが片山さつきらネトウヨ集団だ。

アメリカの奴隷が日本の憲法を作る資格などない!

 

第六に、山尾志桜里氏は「品位」を保って議論するの

が上手い。

あくまでも「憲法論」に徹してくれ。

「憲法論」で戦う勇気がないことが、片山さつきを

見てたら、よく分かった。

「立憲主義」の意味も分かっていないことも見えた。

 

ネトウヨどものエサは、「()」のような軽い憲法案で

いいかもしれないが、我々は鯉じゃないから「()

じゃ満足できないのだ。

 

さあ、次は「九州ゴー宣道場」だぞ。

ガンガン応募しよう!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ