ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.5.22 22:00

「首相動静」は信用できない

愛媛県の中村時広知事。

以前、松山市長時代にお会いした記憶がある。

まっとうな「保守」という印象だった。

この度、愛媛県が国会に提出した文書に、
平成27年2月25日に加計学園の理事長が
安倍首相と獣医学部新
設を巡って、面談していた事が
明記されていた。

安倍首相がこれまで国会で説明していた事実と全く異なる。

どちらかが嘘をついている、と考えるしかない
(論理的には、
どちらも嘘をついているという可能性もあるが、
ここでは除外してよかろう)。

だが愛媛県側には、わざわざ嘘をつかなければならない理由がない。

一方、安倍氏の側にはその理由が山ほどある。

なお当日の「首相動静」には加計理事長との面談が
記録されていないというが、
後ろ暗い案件なら記録に残すはずがない。

私自身、かつて森首相がこっそり官邸を抜け出して、
N先生と面談された事実を承知している。

勿論、「首相動静」には記録されていない。

こちらは特に後ろ暗い話ではないものの、
外部に漏れて欲しくない事情があった。

そんなのは普通に行われている事ではないか。

問題は密談の中身だ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ