ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.3.18 09:02

「攘夷」「WGIP」「なぜ恐米」

あす19日(木)夜8時スタートの生放送
「よしりんに、きいてみよっ!」では、前回に引き続き、
『新戦争論1』を読んでの小林よしのり先生への質問です。

今回は3つです。


(1)『攘夷』とは?

第5章「妄想戦争について行く恐米ポチ」に登場する
「攘夷を保守していないニセモノの日本人」。
私には、教科書で習った『尊王攘夷』という単語、
つまり「攘夷」=「鎖国を目指す排外政策」という
イメージはあるのですが・・・


(2)『WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)』

第12章「閉ざされた言語空間」で紹介されている、
戦後の米国による洗脳プログラムWGIP。
私ははじめて聞いた言葉だったので驚きました。
「WGIPに洗脳されているのに反米の左翼」、
「WGIPに洗脳されて親米になった自称保守」
このあたりがこんがらがってしまい、詳しく
お聞きしたいです。


(3)自称保守はなぜここまで『恐米』なのか?

WGIPと関連する内容ですが、同章のなかでみなぼんが

「WGIPのことを知っているのに、
なんで自称保守は『親米』なの?
なんで『恐米』にまでなっちゃったの?」

と質問している部分に、うんうんと深く同意しました。
WGIPを知っているのに「対米追従」が社是の新聞。
な、なぜ、そこまで!?
どんだけ恐ろしい洗脳を受けていたの?
「恐米」って、一体どれほどの感覚なの?
まるで祟りの伝説を恐れる村人!?
私には、「自称保守」が、
恋人にDVされて言いなりになり、
でも別れる勇気もきっかけも掴めないから依存して、
何年も殴られながら暮らしてる女のようにすら
見えてきました。

「よしりんに、きいてみよっ!」

あす19日(木)夜8時スタートです!

http://live.nicovideo.jp/gate/lv213692195

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ