ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.4.2 19:07

まったくその通り。


たしかに。
「仕事より女」になる男なんか、
うざくて付き合ってらんないもんなあ。
追っかけ甲斐もないし。
と、小林先生のブログを読みながら深くうなづいた私は、
いまどきの女なんだろうか・・・。

いつもの美容師さんに髪をカットしてもらいながら、
ドイツ機墜落の話をしていた。

「真相がいまいちよくわからないけど、
精神的に病んでたとしたら、そんな人が操縦する飛行機、
絶対乗りたくないですよね」

様子が変だと気づいてた人、引き止めて欲しかったなあ。
パイロットは、心身ともに健康というのが絶対の大前提で
なくちゃいけないですよねえ」

「日本でもむかし、統合失調症の機長が、
羽田沖に飛行機墜落させた事故がありましたよね」

「あったあった!
『ソ連が日本を分断して、破滅するまで戦わせてる』
とかいう妄想抱いて、いきなりエンジン逆噴射した機長」

「『片桐機長、やめてください!』ってやつですね」

すると、美容師さんが、ふと鋏を持つ手を止めて言った。

「ぼくねえ、それ、総理大臣に言いたいですよ。
あの人、日本のパイロットでしょう?
お願いだから『安倍首相、やめてください!』って感じ。
選挙のとき、難病差別するな、とか言って擁護してた人が
いっぱいいたけど、
いまどう思ってるんだろう?

「たしかに!」

いまの日本って、『アメリカの言いなりにならなければ』っつう
妄想に支配された、ビョーキのパイロットが操縦してるわけでしょ?
片桐機長と同じじゃないですか。
このままじゃ日本墜落、
木端微塵になっちゃいますよ」

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ