ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.4.13 08:01

道場感想。国民になる、ということ。


昨日のゴー宣道場は、あまりにも熱く濃密で、
1部も2部もあっという間に時間がたち、
まだまだ足りない! と思いました。

特に堀辺先生が強い口調でおっしゃった、
在日米軍が駐留しているということは、つまり、
日本には、主権がないということなんです」
という言葉には、ガンと頭を叩かれるようでした。

どのメディアを眺めても、視聴者に嫌われないための、
「面倒臭くなく、感じの良い、ニュース解説」ばかりの今。
ここまではっきりと真実を言い切る場所は、
ゴー宣道場のほかに存在しないのではないかと
改めて思った瞬間です。

1部の後半で、切通先生から「国家と国民」についての
お話しがありました。
議論の展開があるので、割り込んで質問できなかった
のですが、ふと、

「そもそも『国民』って、なんだろう?
正しい国民の姿って、どんなだろう?」

という疑問が浮かんでいました。

「個人が立脚していなければ、国家は成り立たない」

「なんとなくぼんやりと『国民』になっていくのではない、
国民というものは、国家に参加して、作られていかなければ
ならないものだ」

堀辺先生、小林先生からもお話しがあり、
このときはじめて、『新戦争論1』のなかの

第14章「国民の手本、少女学徒隊」

このタイトルに込められた意味が、
深く胸に入ってくる感覚を得ました。

「私たちの卒業証書は、靖国神社の入場券になる」
と喜んだ、ひめゆり学徒隊の少女たち。
信子と貞子のふたりが、制服に着替えて、髪を整え、
自決にむかうシーン。
ここに『感動』を覚えて胸にその重みを響かせる人。
単純に「かわいそうな犠牲者」と受け取り、
ぼんやりとした反戦平和を思う人。
『死んだら終わりだよ、命は大事にしよう』
と言っては、
「金が正義」とばかりに私利私欲を貪り、
呆然としたまま、ありもしない「自分探し」に戯れ、
甘えたまま生きている現代の日本人は、
少女学徒隊のような『国民』とは正反対の存在かも
しれません。
国民として国家に参加し、決意し、立脚する、
という誰かの姿すら見ることのないまま、
ふわふわと存在しつづけている――
これでは独裁者の思うツボでしょう。
国民になる、ということ。
機会があれば深く話してみたいテーマです。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ