ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.11.22 04:02

道場でしかできない議論に参加しよう!

ゴー宣道場に参加してすぐの頃の私は、「デモ」と「デモクラシー」の違いは
もとより、右翼と左翼の違いもはっきりわかっていなかったほどで、
議論によく登場する「◎◎主義」などの用語にもまったくついてゆけず、
「ソリューション」とか「アライアンス」とか「レバレッジ」などの、カタカナの
ビジネス用語並みに得体の知れぬものに感じていました。
打ち合わせも、道場でも、ひとりだけ、頭の周りに、はてなマーク「?」
ぷーかぷか浮かばせて・・・。

今も「?」となることはたくさんありますが、勉強したいことが増えて、
手にとる本の幅が広がったのはとても有難いことです。
5年前の私には、『西郷翁遺訓』を手にとる機会なんてなかっただろうし、
現代語訳されちゃった、かるーい西郷さんを読んで、大笑いすることも
なかったと思います。
(なんのことかって? 前回の『よしりんに、きいてみよっ!』をみてね)

自分なりの考えを発言してみるようになって、常に思っているのは、
自分には知らないことがまだまだ膨大にあって、
その自分の無知さを忘れてしまうことが、考えの幅を狭めるということです。

私は知識も教養も幅が小さいので、どうしても、「これだけは言おう」と、
自分の発言したいことに固執してしまいがちなのですが、
道場で師範方のお話しをお聞きしていると、そのときの議論のポイントに
応じて、教養の引き出しを開いて、思想を深めるきっかけを与えて下さる
場面に何度も出会い、そのたびに、脳がほぐれるのを感じます。
ネットで自分が既に知っている単語をぱちぱちと検索して得られるような、
狭くて偏った情報の取得ではない、柔軟で広くて深い、知識を使いこなす
本物の教養にふれていることを体感するのです。

教養にふれて議論の深まりを感じると、自分の偏執っぷりを俯瞰することが
できて、自分はまだまだ無知であることをきちんと実感しなおし、
そこをスタート地点にして、また考えを深めていくことができます。
これが、自分の持っている常識や、道徳観を改めて点検することにもなります。

これは「議論のように見える雑談」に終始しがちのネット掲示版等では
決してできないこと。
だから、道場でしかできない議論に参加しましょう。


「道徳Revenge」

平成27年12月13日(日)午後1時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

1213日、今年最後の「ゴー宣道場」のテーマを発表する。

「道徳Revengeとする!


幻冬舎から宮台真司・東浩紀・小林よしのりの鼎談で
出版
された新書は『戦争できる国の道徳』である。

この内容も含めた、そしてもっと身近な道徳的判断の
難しい
例題を出しながら、現代における道徳の可能性と
限界を議論
する。

 

打ち合わせの席で、切通理作氏があまりにも多くの例題を

次々に連発するのに一同驚嘆した。

理作氏自身が道徳と不道徳の境界線上を生きている
証かも
しれないが、その実力を大いに発揮するときが来た。


したがって今回は、切通理作氏に
30分間の
基調講演をして
もらうことになった。

 

今回の内容はかなり際どい。というか危険かもしれない。

幼い子供さんは連れて来ない方がいいと思う。

小学生は無理、中学生は微妙、高校生以上なら
OKと言って
おこう。


さあ、今年最後の「ゴー宣道場」を締めくくる
禁断の議論の
幕を上げよう。


応募締め切りは
122だ。ふるって応募せよ!

道徳的判断が難しい例題も募集中!!


 
アンケート受付中!

当日、道場の入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要


申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。
プリントアウトができない方は、当選メールの受信が確認できるもの
(携帯電話、タブレット等)をお持ちの上、ご来場ください。

 道場参加申し込みフォーム

応募〆切 は 平成27年12/2(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ