ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.11.22 16:46

きょうの女子会 『中年の自分探し病患者』

たまに会う信頼する友人と二人で、絶品の鳥の水炊きを食べてきた。
二・二六事件の青年将校たちが謀議に利用したとか、
頭山満が大感激して「水炊き日本一」という掛け軸を書いたとか、
逸話のある歴史の長い店で、看板には、頭山満の書いた字が掲げられている。
…と言っても、私は『大東亜論』を読むまで頭山満を知らなかったから、
店の看板の前はよく通るのに、「へえ」と思ったのはつい最近だけど…。

独特の濃厚な絶品白濁スープをひと口飲むと、
その味わいと、丁寧さ、温かさがじんわりと身体に沁みわたり、
少し黙ったあと、とても落ち着いた心境になって、じっくりと話をした。
主な話題は、『中年の自分探し病患者』の蔓延について。


◎中年になっても自分探しの旅から帰っていない人が多すぎる。

◎普通の人なのに、さも「アウトロー」や「博識」であるかのような
言動を心がけて接してくる。

自分探しの旅から帰れない人は、常識が育まれていないので、
「アウトロー」は、ただの「迷惑で意味不明でうざい人」にしかならず、
「博識」は、ただの「高慢で虚勢張り過ぎでうざい人」にしかならない。

◎客観性に欠けるため、特に下ネタにセンスがなく、うんざりするような
ただのオゲレツ話
にしかならない。

◎みずから積極的にタガをはずしたがる

◎かけたのは「迷惑」なのに、「心配かけてごめんなさい」が常套句。


◎「タガをはずす」=「腹を割ってつきあう」ことだと勘違いしている。

◎「腹を割ったつきあい」に憧れを抱きすぎている。

◎普通そんなには他人に腹を割らない、ということがわからない。

◎誰も腹を割ってくれないので淋しくなる、というスパイラルにハマり、
自分憐憫モード」か「露悪モード」という自爆テロを引き起こし、
結果、相手の常識力のまえに木端微塵になる。


◎自分探しの旅から帰っていない人は、自分自身の姿をものすごく
見たがる習性がある。

◎異常な頻度でスマホ自撮り写真をSNSに載せる人は、要注意。

◎自分のSNSの投稿を読んでいるという相手と出会うと舞い上がる。

◎その相手からの承認や評価を通した「自分の姿」を作り上げ、
その姿をものすごく見たがる
あまり、相手に異常に執着しはじめる。

◎執着しはじめると、たいした用事でもないのに、メールやLINEの
返信を求め、思い通りにならないと呪いのオーラを発するようになる。

◎その呪いのオーラのうざさを指摘されると、激昂して狂ってしまい、
結果、相手の常識力のまえに木端微塵になる。

ううむ、やはり常識の醸成は心がけていないといけないねと頷きあった。
落ち着くほど美味しいものを食べると、会話がはずむなあ。
鳥の水炊き、おかわりを重ねて、結果、女二人で五人前食べた。
しめは雑炊で、デザートにシャーベットが出て、
店を出たあと喫茶店に移って、ケーキセットを食べたことは
ここだけの内緒にしておきたい。

バナナ食べて寝ようっと。


泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ