ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.11.23 05:50

すごい歌があったもんだ

オトタチバナヒメの死、失意の内のヤマトタケル、
ようやく尾張にたどりつくと、そこにはかつて一目惚れの恋に
落ち、求婚していたミヤズヒメが待っていた。
「必ずこの戦いを終えて帰ってくるから」
そして、ふたりはいよいよ・・・

ライジングの神話、きょうが締め切りなんだけど、このあとの
事情がアレなだけに、なんだかむずかしいな!
朗読でやったときは、なにも気にせずサブカルど真ん中直球で
すごいこと言ってたけど。

とか思いながら、このアレの件について考えながらぼやぼやと
ネットを繰っていたら、アレをテーマにした女目線の歌の歌詞を
発見した。こんなの歌うなよーと思いつつ、爆笑してしまった。
神話のなかで紹介してもいいのかなあ、これ。
このアレの件については、あす配信の『ザ・神様!』で!

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ