ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.12.18 05:48

平成27年度 ライジング版 「今年の出来事」

そして、最後に、「ライジング版 今年の出来事」の発表です。
今年の「小林よしのりライジング」および「ゴー宣道場ブログ」の中で、
読者のみなさんが、最も印象に残った出来事!
◆平成27年度 ライジング版 今年の出来事の発表◆

☆ 第1位 
【11月8日:第51回ゴー宣道場「とりま民主主義ってデモか?」初の地方開催、関西ゴー宣道場】 16票
《選考者のコメント》
●このタイトルがすばらしいと思う。 
●関西のファンが望んで、それに応えて下さって、集った人数も内容も大盛会となったこと、胸躍ることでした。
●カレー千衛兵さんと元坂口さんの地道な行動がきっかけで、大阪開催へこぎつけたのは凄いと思いました。お二人の行動力や、設営隊の皆様に敬意を表したいです。
●自分の頭で考え、行動する人を育てた結果実現した関西道場は、ゴー宣道場の輝かしい実績の一つになるのだろうな…と思いました。 
●今年の出来事でこれは外せません。コール&レスポンスがこんな形に発展するとは思いませんでした。大成功で良かったです。
●先生、師範方、よしりん企画の皆様が関西の声に応えて開催を決めて下さり、遠方から駆け付けて下さった皆様に温かい応援を頂き、出会えた方全てと素晴らしい経験は宝物です
●夢だったゴー宣道場参加!楽しみにしていたかたも多かったと思います!この道場のために尽力されたすべての方々にお礼を申し上げたいです。 あと、個人的にはコメント欄の方々にも会えたのも収穫でした。やっぱり顔を合わせて話すのが一番です! 
●カレー千衛兵さんの、 開催へと持って行かれた実行力には感服致しました。
●超絶楽しかった!!先生方、スタッフ,設営隊ほか協力者、すべてに感謝です!
●私も参加させて頂いて大盛り上がりで大成功だった関西道場が一番の出来事です。
●今年最大の興奮と感動!!来年も開催希望します!! 
●とにかく楽しかった関西ゴー宣道場に1票投じます! 私は一番最前列に座らせて頂いたとこもあって、よしりん先生が近いからとにかくドキドキしましたー 笑いが絶えなくてとても楽しかったです!
●やっぱり、ミラクルだなと今でも思ってしまう。
●言うこと無しの出来事ですね。 
●関西方面読者にも公論の場、考えるチャンスを創ってくださった師範方・スタッフ方。 関東から設営助っ人隊として来てくれた門弟方。 ノウハウや助言をくださった門弟方。 素晴らしいボディーガードを紹介してくれた門弟。 そして応援してくださった全ての方に 感謝申し上げます。 ありがとうございました。

☆ 第2位 
【8月10日:外国特派員協会で会見】 12票
《選考者のコメント》
●ネット道場サイトの右肩に動画がありますが、この内容こそはよしりん先生≪戦後70年談話≫であり、明快な言葉で語られ、大きな指針だと思います。
●短い言葉でわかりやすく、堂々と話してる姿が素敵でした。よしりん先生格好良い!と改めて思いました。
●外国人記者を前に、帝国主義と米英の無法を批判し、幕末以来の日本の大義を示し、国家の独立を訴え、そのため自身が何をするかまで話された。 公論とは何か、個人とは何か、議論とは何か。 それらが示された会見であったと思います。
●内容がすごかった・・・
●カッコよすぎです。
●この時の小林先生は、とってもカッコ良かった!!あぁ?もちろん、普段もカッコイイでございますw
●ガイジン相手に、たった一人で、黒船来航以来の歴史認識をブチかまして下さり、スッキリしました。あと最後に、「言ってやった」、「やってやった」、とゆー満足げな感じが良かったです。
●居並ぶ外国人記者を前にあれ程の主張を堂々と展開出来る日本人は今やはり小林先生を於いて他にいらっしゃらないのではないかと。 カッコよすぎました。
●歴史に残る会見だったのではないでしょうか。あれだけの外国人の前で、あんな事をあんな風に喋れる日本人は、今、小林先生以外に居ないハズ。
●まさに尊皇攘夷の「愛国志士、決起ス」!!大した力はありませんが、拙者も続きます!! 
●公を体現する個人の姿を見ました。 日本人としての究極の姿が存在していることを、私は幸せに思います。 
☆ 第3位
【吉日:トッキーさん結婚ッ!!】 4票
《選考者のコメント》
●よしりん企画の鉄人・時浦さんが結婚するなんて、正直夢にも思ってませんでした。一人で生き、一人で人生を全うするのが時浦さんだと思っていたので「びっくりポン」でした。お相手がゴー宣道場の門弟の方という事も知り、二度びっくりポンだったのも覚えています。
●まさかの展開(笑) おめでとうございます!!
●まるで親戚のお兄ちゃんが結婚したかのように嬉しさが爆発しました!
●ここまでアカウンタビってる組織が他にあるだろうか?と感心しました。
☆ 第4位
【7月15日:『卑怯者の島』が発売】 4票
《選考者のコメント》
●そこから様々な議論が生まれ、以来大きな揺さぶりとなっています。
●説明も要らないくらい。数多くの戦争をテーマした内外の作品を読んできましたが、こんな視点で書かれた作品には出会ったことがありません。人間の内面を抉り出されたようで衝撃を受けました。
●大傑作が誕生しました。
☆ 第5位
【4月12日:「この子は小林先生のDNAを受け継いでおります」事件】 3票
《選考者のコメント》
●師範方の前で爆弾発言かましたファンの極度の緊張が、まるで自分のことのようにわかったのでo(^o^)o
●これは事件です(笑)先生の、一瞬の回想で「わし、やったっけ?」のところで吹きました。失礼ながら、先生もこの門弟さんもカワイいなぁ、と思いました(笑)
●松本清張ですな(笑) 登場人物全員の緊張感が可笑しかったです。大好きなエピソードです♪♪
☆ 第6位
【1月28日:『新戦争論1』が発売】 3票
《選考者のコメント》
●そこから様々な議論が生まれ、以来大きな揺さぶりとなっています。
●発表された時の期待と興奮は、『スターウォーズ』の新作を上まわっていました。 
☆ 第7位
【3月24日:ゲンロンカフェにて東浩紀、宮台真司との鼎談】 3票
《選考者のコメント》
●圧倒されました。 
●刺激的で魅力的で、歴史的な合体でした。
☆ 第8位
【7月19日:京都国際漫画ミュージアム 呉智英氏と対談イベント】 3票
《選考者のコメント》
●初めての生よしりん先生にめちゃめちゃ感動しました!
●懐かしいゴチエイさんとの共演。ここから、伝説の関西ゴー宣道場への物語が始まったのでしたね。 
"●「小林よしのりを生で見たぜ!」って、小学生の頃の自分に伝えたいです。 ライジング読者さんと生で会うことができたこと、そしてすぐに関西ゴー宣道場の計画を立てたこと、私の一生の思い出です。
泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ