ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.2.20 03:40

皇居の白鳥と、超高層ビル


夕刻、皇居のお堀。

夕日に照らされた白鳥が二羽、仲良く泳いでいました。
暖かさに比較的強いコブハクチョウという種類だそうです。
もうそろそろ北へ飛んでいく時期だとか。


逆光で撮れば、きっとキラキラした影絵になって綺麗だろうなあと、
白鳥より前に行こうとしたのですが、身体が大きい分、水かきも立派で、
かなり泳ぐのが速い・・・走っても追い抜かれてしまいました。

なんでそんなに急ぐのか、と思ったら、大手門の橋のそばから、
餌をまきはじめたおじさんがいたのです。
二羽のコブハクチョウは、羽をふくらませて、周りのカモや水鳥を
超威嚇しながら、餌を独占。
イメージとちがったー。意外な一面を見せられました・・・。

それにしても、皇居から東京駅周辺にかけてのエリア、ずいぶんと
超高層ビルが建ったんだなあ。
三菱地所には、100年単位で一生涯建て替え続ける計画があると
聞いたことがあるけど・・・・どこまで巨大化していくんだろう。
大きくすれば、1スペースあたりの坪単価の負担が下がる、というのも
あるそうだけど、そんなに需要が続くのかなあ。

都内近郊では、5階建て以下の低層マンションが絶滅しつつあるそうだ。
リーマンショックで不動産の買い控えが起き、鉄筋コンクリートの建物を
建てるのに必要な専門の職人たちが転職してしまって、人材不足、
これが低層マンション建築費の高騰につながってしまった、と。
これで、3階、4階、5階という圧迫感のない小ぶりなマンションを建てると、
1戸あたりの負担額が異常に高くなり、売れないのだそうだ。
そうなると、どどーんと広い土地を確保して、ババーンと高層タワーの
マンションを建てるほうへ金をまわせ、ということになるらしい。

渋谷区の住宅街で3階建ての大家をしているある知人も、
周辺より家賃を高く設定しないと釣り合いがとれないし、とはいえ、
高くしすぎると入らないし・・・と悩んでいると言っていた。
「大家さん」って不労所得でいいなあというイメージがあったけど、
聞いていると、さほどうらやましくないな、と思ってしまった。

いまは全国的に『空き家問題』が取りざたされているけれど、
そのうちに、3階、4階の、朽ち果てたあばら屋マンションが
ごろごろ出現して問題になるかもしれないね。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ