ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.3.29 07:04

歯医者2回戦。

歯医者2回戦。
麻酔の注射をして、歯を半分ほど削って、神経を抜くので、
体調を整えて、治療後2時間くらいは食事できないと思って来て
くださいと言われていた。
もうそれだけでものすごく行くのが嫌になり、今朝は、布団のなかで
「またお腹が痛くなって急遽、歯医者に行けないカラダにならないかな」
などと考えたけど、すでに初回の戦いで歯の一部を削られており、
仮のセメントが詰まっているので、このままでいるわけにはいかない。
それに、どうしても行かないといけない理由があった。

前回、詩を綴ってしまうほどの緊張状態で歯医者に挑んだ結果、
口のなかをライトで照らされて覗き込まれただけで、
なんだか自分が宇宙人グレイに捕獲されてこれから妊娠させられる
アメリカ人女性になったような気持ちになって身体が硬直してしまい、
よく考えたらそんなには痛くなかったんだけど、
作業のたびにいちいちものすごく痛いような感じがして、

「痛かったら言ってくださいねー」
「ぃ、ぃぁぃ」
「はい」
「ぃ…ぃとぅぁぃ」
「そうですか」
「ぃ? ぃとぅぁぃ!」
「痛いですか」
「ぃとぅぁぃ……」
「そうですか」

そりゃ歯医者は痛かったら言ってください、としか口にしておらず、
痛いからといって中断するとは約束していないわけで、
というか、よく考えたらそんなに痛くないのに騒いでいることを
読んでいたようで、こちらはほとんど半泣きのまま、治療終了。
放心状態のまま、ぼーっと会計して、そのまま、ほっぺを抑えて
とぼとぼ歩いて帰宅したのだった。

夕方になって、「でも歯医者行ったし!」と気が大きくなった私は、
調子に乗ってお寿司をぱくぱく頬張っていた。そこへ電話が。

「泉美さん、M歯科ですが……上着と自転車、忘れて帰ってません?」

あ。あああ! 完全に忘れてたあ!
どんだけショック状態だったんだ。
よくあんな遠いところから、この寒いなか歩いて帰って来たな。
宇宙人の子を妊娠させられて、宇宙船から降ろされ、元のアリゾナの
トウモロコシ畑を呆然と歩いてしまったアメリカ人女性の気持ちがわかる。

で、明日行きますと言って、のんびりしてたら、食べた寿司が大当たり。
強制的に
12時間耐久トイレットレーススタート。
そのまま上着も自転車もM歯科に預けたまま今日に至っ
たのであった。

「きょうは麻酔の注射が痛いですよ」
「ぃ、ぃぁぃ」
「痛いですよね」
「ぃ…ぃとぅぁぃ」
「痛いでしょう」
「ぃ! ぃとぅぁぃ!」
「そりゃあ痛いでしょう」
「ぃとぅぁぃ……」
「痛いでしょうねえ」
「……ぁぃ」

歯医者はドSにしか務まらない!
それともこれは歯科医の“あきらめさせる”テクニックなのか。
治療は、麻酔が効いてしまえばまったく痛みは感じなかったが、
ドリルで削られまくる道路工事感がひたすら恐ろしかった。
うっかり口を閉じたり、舌を動かしたりしたら、血しぶきが飛ぶと思い、
必死に耐えた。

今日こそ忘れものせずに帰らなきゃ。
麻酔で口の半分がしびれたまま、自転車のカギを手に持ち、
預かってもらっていた上着をしっかり着込んで、M歯科を出た。

「あっ、泉美さーーーん!」
「はい?」
「あの、お会計、お願いしていいですか……」

忘れてた。
3回戦は、金曜日!
泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ