ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.4.21 06:20

なぜ報道の自由が必要なのか

20日発表の国境なき記者団による「報道の自由度ランキング」を見た。
上位はフィンランド、ノルウェー、デンマークなど北欧諸国の名が並び、
下位はいつも、北朝鮮、シリア、中国などジャーナリストに対する拷問が
明らかになっている国名が並んでいる。

日本は、2010年には180ヵ国中11位だったが、
東日本大震災発生後、
福島第一原発の事故についての報道規制を
発端に年々順位を下げてゆき、
2014年は59位、2015年は61位、
そしてついに、今年は72位という
報告結果となっている。

国境なき記者団は、特定秘密保護法が施行された後の日本について、
メディアが自主規制に動くのは、『とりわけ(安倍晋三)首相に対してだ』
と指摘しているが、
本来なら、こういったことは外部から言われる前に、国内のメディアが、
もっと敏感に、もっと憤然と、確固たる怒りを表明するべきことなのに、
それができず、あくまでも「国際機関はこう見ているようだ」という言い方
しかできないところに、状況の悪辣さを感じる。


放送法 第二章 放送番組の編集等に関する通則

第4条 
放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)
放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければ
ならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点
を明らかにすること。


そもそもこの第4条の二って憲法に触れないのかな?
高市大臣a.k.a.安倍政権は、「政治的公平性」をやたら振りかざすけれど、
《政治的に公平》と規定する価値観そのものが、すでに公平でない場合も
あると私は思う。
全体を飲み込みながら膨張し、暴走していく魔物を止めるためには、
その時の世界が規定するバランス状態を疑い、逸脱できる批判力が
必要になる場合もあると認め、そのための
自由を担保しておくのが、
全体のための「必要」ではないかと思うのだけど・・・
どうなんだろう?

こういった状況に加えて、パナマ文書みたいな、私腹だけの富裕層の姿を
見せられると、そういった一部の人間が政治権力者を牛耳り、
ひいてはメディアを牛耳っていくことになったら、
弱者は、情報においても弱者になるしかなく、
本当に、単なる烏合の衆になり果ててしまうのではないかと不安になる。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ