ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.4.30 20:15

酒屋さん、ありがとう

はあ。朝だ・・・。きょうは忙しかった。
夕方、店を開けに行ったら、いきなり、ひっぱってもひっぱっても
扉がびくとも開かないというハプニングが発生。
鍵は南京錠で、問題なく外れたんだけど、なにがどーなったのか、
扉そのものがピタッとはまり込んで、はめ殺し状態になっているのだ。
振動を与えてみたり、ドアにしがみついて、体重かけてぶら下がって
みたりしても全然だめ。
タクシーのおじさんが、
徐行で通りすぎながら、
ヤモリのごとくドアにへばりついて暴れている私を、怪訝な顔で見ている。
途端にドアに手をつき、背筋をきゅーっと反らすポーズをとり、やり過ごした。
は、はずかしい・・・。

向かいのゲイバーの男の子を訪ねるも、買い出しで留守。
いつも開店直後に顔を出してくれるお客さんも、連休でバカンス中。
なんだか閑散としてて、通りがかりの人の姿もない。
うう、さっきのタクシー止めて、「ドア引っ張ってくれ」って頼めばよかった!
あまりに困って、噂の『カギの救急車』というのを呼んでみようかと
考えたけど、そんなの、何万とられるかわからないしなあ。

ってなわけで、いろいろ考えた末、

◎店の近所にいる人で、
◎絶対に開店から閉店まで電話の受付をしている人
◎力仕事をしている男の人

・・・・・・出入りの酒屋さんに電話。
酒屋さん、シャンパンの取り寄せでもないのに、二つ返事で
たちまち自転車に乗ってキキーーーッと駆けつけてくれて、

「大丈夫ですかーっ? ああっ、これは・・・わかりました。
ちょっと力づくでひっぱりますから、下がっててください!」

開いた!

(開店時間をとっくに過ぎているにもかかわらず、なんだか祭りがはじまった
気分になって写真を撮っている不真面目な私)

酒屋さん、助かるうう! ありがとう!
お礼を言うと、帽子をとって一礼し(こっちがお礼する立場なのに)
笑顔で自転車にまたがって、キキーーーッと帰っていった。

深夜、よそのバー店員が遊びに来たので、この写真を見せながら、
今日の『扉開かない事件』と、酒屋さんの対応について話した。
するとこんな話が返ってきた。

「そうなんだよねえ、酒屋さんって親切なんだよねえ。
うち、巨漢のお客さんが
路地の奥で酔いつぶれたことがあって、
タクシーのりばまで運ぶのに難儀して、酒屋さんに電話して、
『配達に使ってるリヤカー貸してくれ』って頼んだことあるよ」

お、おい・・・。
リヤカーに至るまでに、なにをどれだけ頼んできたのか・・・。
酒屋さん、本当にありがとう・・・。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ