ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.5.16 04:25

笹さんへのテレパシー


さ・・・ささ・・・さささ・・・さささん・・・笹さんに・・・)

  (テレパシーを・・・送っています・・・

 (よしりん企画の・・・長期休暇が明ければ・・・

すぐに・・・動画の撮影が・・・あります・・・

  (次回の・・・淑女我報・・・なに・・・をテー・・・

 (マに・・・話しましょうか・・・

以上、笹さんへのテレパシーでした。

子供のころ、エスパー魔美に憧れすぎた『エスパー期』があって、
魔美がテレポーテーションしながら町内の屋根の上を飛び移って
いくシーンに憧れて、あの、仁丹が飛び出す
ハート形のブローチ
欲しくてたまらず、でも買ってもらえないので、
それっぽい母親の髪留めや、父親のギターのピックを持ち出しては、
ビーズと一緒に指でつまんで、自分のこめかみに弾いてみたりして
いたなあ。

ティッシュの箱に向かって、かなり本気で
(ティッシュよこっちへ来い、こっちへ・・・来ーーーい)と
念じたりもした。

エスパー魔美ってお父さんが有名画家で、中学生である魔美が、
全裸でモデルをやっているシーンが
たびたびアニメのなかに
あったんだよね。
交渉して、バイト代として1000円受け取ったりして。
あんな設定、今じゃ絶対にムリ。
再放送もできなさそうだよね。
こどもの私はなんとも思わずに見ていたけど、
そういや、一緒に食卓を囲んでテレビを見ていた父親は、
どんな気持ちでいたんだろな。
アニメ番組になると、バサッと朝日新聞広げてたっけ。
団欒とは、大人の気まずさを孕むものだったと、
大人になってから気づくという。

エスパー期後は、すぐ、『光GENJI期』が訪れて、
ローラースケートなんて絶対に買ってもらえなかったので、
両足の裏に輪ゴムでそろばんをくくりつけて、部屋を滑ってました。
サポーター代わりに、両ひざにサロンパス貼ってさ。
板間ならけっこうズルズルいけたよ。
そろばんで足が前へ送られて、すぐ脱げてしまうんだけど。
手に入らなければ、創意工夫でなんだって乗り越えてきたぜ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ