ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.5.17 16:02

このごろの旅番組のこと

時浦さんの台湾、よしりん先生のビーチリゾート、いいなあ。
余裕があるなら、カンクンに行ってみたいんだよなあ。
海が最高の上に、サルサいっぱい踊れそうだもん。
そのためには、お金のほかに、サルサを踊れる男がいなければ
ならないんだけど。

写真を眺めながら、ふと、そういえば昔は、もっとテレビ番組で、
芸能人が豪華な海外のリゾート地を満喫する企画があったのにと思った。
大物芸能人がアロハ着てグアムのスポットを紹介して歩いたり。

最近は、海外でも、あまり知られていない秘境…という名の僻地へ
芸人や若手タレントを行かせるチャレンジ系の番組や、
貧困国や、物凄い僻地などに暮らす一般の日本人を、
芸能人でなく、番組スタッフが訪ねたりするような、
「旅」なんだけど、決して「観光」ではない番組がすごく多い。

国内となると、乗車賃数百円の路線バスで知らない町を乗り継いで、
名物の銅像や史跡を訪ね歩く、プチ旅。
たしかに、こういう、お金をかけずに気ままに町を移動してみるような
プチ旅企画なら、
『日曜日ひまだけど、金ないし、有名なところはどこも人ゴミだし…』
という人の興味をそそるかも。

日々、小銭が大切だもんなあ。
日本の超お嬢様・森泉が、ビンボー家庭を訪れて、
100円ショップで材料を買い込み、アイデア収納を作る番組があるけど、
たしかに安く上がるし、
森泉のDIY能力には関心しちゃうんだけど、
なんと言えばいいのか・・・いろんな意味で、すごい番組だと思う。

かくいう私は、このごろ、銭湯ライフを満喫中。
散歩がてらちょっと足を伸ばしたところに、
瓦屋根の大きな銭湯があって、ここが、お湯の温度がちょうどよくて、
広くて、天井高くて、空いてて、うちにも風呂はあるけど、気に入って
しまって通いはじめた。
徒歩圏内に3軒銭湯があるんだけど、駅前のビル型銭湯のほうは、
天井が低くて、狭くて、密閉感があって、おまけに大混雑なんだよね。
こっちは、寺院風建築の
昔ながらの一軒家銭湯で、
脱衣所でふうと天を仰ぐと、けっこう迫力ある格天井になっていて、
やたらリラックスする。
番台のおばあちゃんが、いつもなかなかお釣りの計算ができなくて、
「もう10円だよ」「20円多いよ」なんてやりとりがある感じも、
愛着がわくのであった。
ちなみに壁画は、富士山でなく、金閣寺と宇治平等院鳳凰堂!
ああ、カンクンは遠い。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ