ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.5.23 17:00

不思議の国の日本人

「スマホのニュースの断面だけで社会を見る人たち」

=リゾート地から日本を知るようなもの

ってすごいなあ。
たしかに、スマホが普及して、アプリが大量発生してから、
頭のなかが不思議の国のバーチャルリゾート地になってしまって、
面倒な情報はシャットアウトして、心地よい音だけに耳を傾け
ながら、流れている1行ニュースだけを目にしている・・・
みたいな日本人がどんどん増えているように思う。

リゾート地では知ることができなかったであろう今週の日本の
事件といえば・・・
そうですね、
ヤクルトレディの雨がっぱを大量に盗んでいた男が逮捕!
「女性用の雨がっぱが好きだった」「においを楽しんでいた」と。
自宅から70着以上の雨がっぱを押収。
体育館に並ぶヤクルトのロゴ入り雨がっぱ。
逮捕した警察署員によると、
「長い警察人生で、雨がっぱ好きははじめて」。
いろんな人がいるよね。

それから、母によると、伊勢志摩サミットのおかげで、
三重県は、陸・海・空、ほんと凄まじい警備態勢みたいだ。
まったく関係ないのに東京都内でも駅のコインロッカーが
使用禁止になっているものね。
改札にもやたら警官が立っているし。
きのうなんか、熱海行きの東海道線のなかで、
「伊勢志摩サミットのため特別警戒を行っています。
持ち主のわからないお荷物があれば車掌までご連絡ください」
って放送が流れたよ。なんでやねん。
空港なんて、出たら最後、入国できるのかしら!?

もともと伊勢志摩は、サミットなんか来なくても観光地として
激混み状態だったし、別に各国の首相たちが巨額のお土産を
買って帰るわけでもないし。
そんなにテロを警戒しなきゃならなくなるなら、
今度から、サミットは、無人島とか砂漠の真ん中とか、超絶寒いとか、
もっと世界の僻地でやってほしいよね。

困ったね。お祭り騒ぎの日本人。不思議の国の日本人。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ