ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.5.26 04:50

日米首脳会談

日米首脳会談、ずいぶん遅い時間にやったんだな。
オバマ大統領との共同記者会見で、安倍首相は、
日米地位協定について、

「一つ一つの問題について、目に見える改善を着実に具体化し、
しっかりと結果を積み上げていく。
そうした中で、日米双方が努力を重ね、地位協定のあるべき姿を
不断に追求していきたいと考えている」


と回答しているんだけど、地位協定の《あるべき姿》ってなんだ?
地位協定など存在しない状態が、日米のあるべき姿なのでは?

オバマ大統領は、もちろん地位協定の改定は否定。
今回の事件に関しては、犯人は米軍属ではあるが、現役の軍人では
ないから、地位協定の規定には当てはまらない、だから日本で自由に
取り調べて下さいなという立場。
そして、はっきりと、

最高軍事司令官として私の使命は米国民の命を守るということだ。
私としては軍事行動などとらなくても済むような状態であればいいと
心から思うが、我々が住んでいる今の世界はそのような世界ではない

と言い切っている。もし私が米国民だったら、
「そう、その通り! オバマやっぱりいいこと言うなァ! 頼れるぜ!」
と思ったとおもう・・・。
日本で地位協定を改定したら、ほかの駐留国からも芋づる式に文句が
噴出するだろうから、絶対にできないという前提もあるのだろうね。

それに引き換え、安倍首相は

「日本国民の命と財産を守るのは、総理大臣である私の責任だ。
その責任を果たしていくため、二度とこのような悲惨な出来事を
起こさないために、あらゆる手を尽くしていく決意だ」

としきりに言っているのだけど・・・
米国大統領と比較して言うってのも変な話だけど、チンケだなあ・・・。
そもそも米軍基地があるおかげで財産を守ってないし。
事件が起こるたびにこうしてうやむやにして沈静化をはかって、
また非力な一般国民の犠牲者が生まれることの繰り返しで、
まったく責任を果たしていないし。

「日本国民の感情をオバマ大統領にはしっかりと受け止めて頂きたい
と申し上げた」

というけど、言ってる本人は
《米軍がいなくなったら自分で日本を守らなきゃならない、そんなの無理》
という怠惰な恐怖心をしっかりと心に抱いているだけだもんなァ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ