ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.6.12 10:26

ち、ち、ち、乳首おじさん!

気温が上がるといろんなものが出て来るね。
乳首おじさん、乳首だけでなんで逮捕になったのかと思ったら、
勢いあまって下半身のブツを出してしまったのね。

待ち合わせの時間つぶしで、喫茶店でSAPIOの安楽死特集を
読みながら、ひとりでかなりしんみりしてしまって、
時刻の確認がてら、スマホを開いて、ゴー宣道場のブログを見たら、
小林よしのり先生から、乳首おじさんの情報が。
へー!? と思って調べてみたら、
ぎえええ、こ、この人、電車のなかで自分の乳首いじってるところ、
いろんな人に撮られまくってネットに載せられまくってるし!

市の職員だそうだけど、これまで何年も、私生活でばれたこと
なかったのかなあ?
ばれてるけど、それも刺激のエッセンスとして取り入れていたのかな。
逮捕のきっかけは、電車のなかで彼の露出を見た女子高生が、
「ネットで有名な乳首おじさんや」
と証言したことだそうで。

しかし、日刊ゲンダイの記事だけ読んだら、よほど薄汚い恰好で、
気味悪くゲヘゲヘ笑ってる感じの、こってりしたタイプのおっちゃんを
想像したけど、実際の写真を見ると、33歳だし、普通のファッションだし、
完全なる真顔だし、DH(ドヘンタイ)のイメージも様々だな。
単に乳首をどうこうしたいだけでなく、大勢の人に見られる喜びも
含まれた、役者願望に似たものがある複雑なタイプのDHであろう。

両乳首2点と、真顔で女の顔を見ること1点の合計3点に凝縮されて
いることから、あれこれやってみる創意工夫発展型DHではなく、
集中に集中を重ねて、些細な刺激から自身の妄想力を盛り立てて
結果に至る、
ある意味、古代の火おこしのような一点集中型DHに
分類される。

しかし、人間の性癖はまったく多種多様であるなあ。
そして日本人はその多種多様さをいかに拾うかという目線で、
性風俗ビジネスを編み出してきたのだから、まったくまじめだ。

・・・すっかり乳首おじさんに気持ちを奪われてしまい、
喫茶店にSAPIO忘れて帰って来ました。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ