ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.7.18 16:50

うえーん、洗剤を変えたらじんましんが。

うえーーーん! からだがかゆいよーーーーーっ。
先週、長年使っていた洗濯用洗剤から、別のものに乗り換えて
洗濯したところ、たちまち全身のじんましんに襲われてしまいました。
なんだかやたらと香りが強く残る洗剤だなあと思っていたら、
テキメンに肌が反応しちゃったよ。
よく見たら、香りが長くつづく成分が入っているという記述が。
うーむ、ということは、つまり、すすいでも、乾いても、その洗濯物に
いつまでも化学物質がしつこく残るということだよね??
その、しつこいやつが私の肌には、あかんかったんやなー。

ベッドのシーツもバスタオルも、下着もパジャマもほとんどこの洗剤で
洗ってしまったもんだから、寝ても、起きても、お風呂上りでも、
ひたすらかゆいのなんの。
今日は、唯一、新しい洗剤で洗っていなかった大判タオルを見つけて
それで体を優しくつつんでライジングの締め切りがんばりました。
終わったらすぐ湯船につかって、しばらく天国気分でしたが、
タオルで体をふいて何か着ると、またちくちくするんだよお・・・。

安心してください。はいてますよ!
うう・・・。

きょうは、もとの洗剤にもどして、シーツを洗いなおしたので、
安眠できるかなあ。ちくちくしなきゃいいな。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ