ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.9.2 08:29

「そこまで言って委員会」ネットでも見れるよ

高森先生ご出演の「そこまで言って委員会」、楽しみです。
放送終了後、一定期間だけ読売テレビのサイト上でも公開される
ようなので、全国どこでも見られるようですよ。
9月4日の放送分は、翌5日の18時から、読売テレビのサイトにて
配信予定だそうです。
http://www.ytv.co.jp/mydo/

たまにはとりとめもない日記。

オリンピック期間中もまったく同じ現象が起きていたんだけど、
昨夜はサッカーUAE戦の影響で、新宿二丁目はほとんど人が
歩いておらず、どの店も早閉め。
私も深夜1時には帰宅して、いつもより余裕しゃくしゃくだったので、
ずっと机に置いてた史料を開いて読みはじめた。
で、うっかり眠れないモードになってしまい、朝だし。
明治時代のかちかちの文体とか、漢文調の読み物とかって、
布団のなかで読むと瞬時に眠れる便利なものだと思っていたのに、
逆になっちゃったよ。
演説がすごくうまい人って、原稿にもやっぱりその雄弁なパワーが
あって、昔の文体なのに引っ張りこまれて読まされちゃうんだな。
聞かせる人、読ませる人、タイプの違いはあるけど、
やっぱり自分の思想や意見を、自分の言葉で表現するという訓練は、
ずっとやり続けたほうがいいな。
そのときに大事なのは、自分の言っていることが公私混同してないか
という自覚だとおもう。

母が地元の農家さんから巨峰を送ってくれるとのこと。
もう今夏最後の巨峰だって。あっという間に季節は終わる。
弟は、熊本地震で被災した建物の調査のために、いま熊本に住んで
いるんだけど、そちらには巨峰は送れないと言われたそうだ。
「遠くて、輸送中にブドウが房からはずれてしまいますので・・・」
日本人らしい繊細な理由だなあ。
なんらかの上手な梱包の方法があるのだろうけど、
田舎の小さな小さな農家さんだからしょうがない。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ