ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.9.23 14:59

SNSホラー

美容師の友人(女)が、ネットオークションで個人の出品者から
ネックレスを落札、相手に名前と商品の発送先を連絡したところ、

フェイスブック見ました。美容師さんなんですね。素敵な方ですね。
今回購入いただいたネックレスもお似合いになると思います」

というメッセージが届いたらしい。
友人はただ取引に必要な情報を連絡したのみで、美容師であることは
おろか、フェイスブックをやってるなんてことも一言も言っていないから、
伝えた名前や連絡先住所などを相手が勝手にネットで調べて、フェイス
ブックにたどり着いたのだろうと言う。
しかも、「友達」申請してきたとか。
うえええ。気持ちわる。

相手はネットでアクセサリーをたくさん売っているそうだから、
つなげておいて、また宣伝しようという魂胆なのかもしれないが、
伝えてもいない職業や顔写真を調べた上に、それを伝えてくるなんて、
相当無神経な人間だ。絶対にトラブルが起きる。
写真や勤務内容をフェイスブックに載せて、誰にでも見える公開状態に
していたのは本人の責任ではあるけど、背筋の凍る思いをしたようだ。

うかうかネットで個人間取引をして、見ず知らずの素人相手に個人情報
を教えまくっていると、ある日恐ろしいことに巻き込まれることがあるかも
しれないな・・・。

「だからフェイスブックなんかやめたほーがいいんだって!」

全力でフェイスブックを退会した話をしたら、
友人もあっさり退会してしまった。
もともとかなり面倒くさくなっていて、でも学生時代の友人とのつながりに
遠慮して、やめられなかっただけみたいだけど。
怖いよ。
誰がどこであなたの情報、
あなたの写真、あなたの投稿を見ているか、
わからない。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ