ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.10.29 06:45

宗子の国家事業

笹さん、ある意味すごい大物を釣ったのかも・・・
どうも。木蘭探偵事務所です。
宗子問題、やはり皇室典範改正準備室室長というのは大嘘でしょうね。
宗子が経営している「田中出版社」は、さまざまな国家事業を行っている
と標榜しておりまして、

国家事業1 宗子と誠一が結成したバンド「New Issue」運営
国家事業2 アメリカのロックバンド「パールジャム」を推進
国家事業3 九州のアイドルグループ「LinQ」推進
国家事業4 キューバのマンボ楽団「ペレス・プラード」推進
国家事業5 行政公認の婚活パーティー

ついでに、宗子と誠一が八丁堀で結成したバンドのサイトには、
こんなことが書いてあります。特に4段落目に注目。


日本初の国営のバンドですって。

で、バンドの問い合わせ先は、内閣官房 内閣広報室の電話番号が表示
されているんだからタチが悪い。

さらに、宗子の夫で「教授」だという田中誠一氏は、
自分たちはメキシコ政府と日本の首相官邸から委託を受けて活動していると
ブログに書いてました。自分たちの頭脳については、こんな風に紹介してます。

「官邸の頭脳」のスペックはどうなの?とよく問われるのですが、
私は2008年にハーバード大学の大学院を修了し、この大学院よりPh.D
(経営学博士)を取得しております。
また、2014年には東京大学より博士(経済学)も取得しており、さらに、
妻の宗子も私と全く同じタイミグでハーバードのPh.D(法学博士)と
東京大学の博士(法学)を取得するなど、夫婦そろってそれぞれの博士の学位
を2つもつという世界的に見ても珍しい経歴を持っております。
この会はメキシコ政府と首相官邸主導となっているとはいえ、官邸から直接の
担当となるのは田中誠一と宗子です。経営学博士と法学博士の二人が日本を
代表する歌手を世界に広めるために日々、努力しております。


な、なんかすごいぜ・・・宗子と誠一。
日本を代表する歌手を世界に広める、ってそれ、主に自分たちのバンド
のことなんだろうけど。
しかし、宗子が現在進行形で「皇室典範改正準備室室長」と名乗り、
執拗に、ある意味もっともらしいブログを展開しているのは事実であり、
大問題です。
官邸は対処しなくて大丈夫なんでしょうかね?
そしてやはり、ネットには注意しよう。
どこまでも果てしなく《自称》できるのが、ネットの世界です。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ