ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.11.10 08:21

『ザ・議論!』おもしろいです!

小林先生から新刊『ザ・議論!』をいただきました。
ありがとうございます!
まだ第1部の天皇制についての議論しか読めていませんが、
この本、めちゃくちゃ面白いです。

私は「リベラル」と「左翼」が違うということすらわかっておらず、
「左翼」=昔、石を投げて機動隊と鬼ごっこしていた大学生、
「リベラル」=それが丸くなってお洒落なおじさまになった感じ、
ぐらいにイメージしていました。
でも、井上達夫氏の話を読んでいくと、どうやら「真の保守」が
ある
ように、「真のリベラリズム」があるのだな? と。

井上氏の話は、不思議に同意する部分、勉強になるなあと頷か
される
部分が多く、中には「それって保守の感性なんじゃ?」という
思いが
よぎるほどの共感もあります。
それは、井上氏が、教科書で習った通りの意見しか言えない知識人
とは
まるでちがう、知的誠実さと柔軟性を持った法哲学者だからなの
だと
感じました。

特に、逆の観点から検討してみる姿勢と、そこから流れ出る大量の
見解
には、読んでいる私の脳みそまでぐるぐる回転するような感覚に。
知識の量が多すぎて、途中、ちんぷんかんぷんになってしまい、
脳みそも振り飛ばされて頭蓋骨が
ちょっと楕円形になりましたが、
小林先生も
「わかりました、あとで勉強します」
と相槌を打っておられて、なんだか妙に安心するとともに、めげずに
続きを読もうという気持ちになりました。

ただ、やはり『天皇制』については大きな見解の差。
そして、この差を明確にしながら議論するために、小林先生からの
天皇陛下への踏み込んだ深い洞察が示され、これがまた考えを深める
きっかけとして光って見えましたし、非常に勉強になりました。


自分はなにかにつけてまだまだ知らないことのほうがはるかに多く、
勉強を積み重ねて、ひとつひとつ納得していくという段階にあるので、
こうした「お決まりの主張」ではない、柔軟さと強靭さを兼ね備えた
知的に誠実な方々の議論を読ませていただけると、わくわくします。

つづく章も楽しみです。
このまま店に持って行って続きを読みたいぐらい。
泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ