ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.1.22 07:20

男尊女卑と天皇蔑視の安倍政権支持者のこと

「よしりんと同じことばっかり言ってるよね、もっと自分の意見を言って
いけるように勉強しないと。まあしょうがないけどね。女の子だから」

すごくよくあることなんだけど、天皇陛下の生前退位に関する私の発言を
聞いたというある男性からこんなことを言われた。
酸いも甘いもの39歳をつかまえて「女の子」ってのも間違ってるけど、
女の子だから勉強が足りてなくてしょうがない、
女の子だから自分の意見は言っていないはず、
自分の意見がないから、よしりん先生の言っていることをただそのまま
記憶して言っているだけだと思い込んでいるのだ。

ものすごい男尊女卑だけど、まったくその蔑視感を自覚しておらず、
私がひざの上で拳を作って、股間の一番痛いとこやったるぞてめえと
思っていることにも
気がついていない。

でも、こういう風に私…というか女性を見ている人はたくさんいると思う。
笹さんにもお話を聞けばどんどん飛び出してくるだろう。
私が自分で本に線引いて書き写しながら勉強しているとは思っていなくて、
対立意見と比較検討して自分の感覚で考えているとも思っていなくて、
脳トレーニングのために友人と議論する時間をとっているとも思っていなくて、
ただ鵜呑み丸のみしてコピペしているだけの人形としか考えていないのだ。
もちろん小林先生や高森先生からたくさん影響を受けているし、勉強させて
いただいている。道場に集まる人々の感想文やコメントからもだ。
そして勉強は、ただ情報を飲み込むことではないということ、消化吸収には
自分の咀嚼と消化酵素が必要であること、そのための自分の身体づくりを
しておかなければいけないことを私は知っています。

冒頭の発言をした男性は、靖国神社に熱心に参拝していて、
歴史や神話の読み解きが好きで、SNS上で毎日のように天下国家の話をして、
百田尚樹や小川榮太郎やB太郎やC太郎の本を買っては熱心に紹介している、
安倍晋三支持者の
ネトウヨの人だ。

「天皇陛下は皇室典範を改正して、女性宮家も創設できるようにしたいと
思っておられるとおもいますけど…」
と言ったら、八木秀次先生を知らないのか、と返された。
八木先生の歴史観は本当に素晴らしいし、講演も涙が出るほど美しかったと。
ほかにも天皇についてもっともっと学術として大成している先生が大勢いる、
そういった先生方はみなさん「万世一系」「男系で紡がれた世界最古の歴史」
重要視されているんだよ、そういった先生方からもっと勉強したらいいよと。

八木先生の講演で涙流すって、あんた類人猿にたどりつくY染色体に心の琴線
ふれられて恥ずかしく
ないのかと、ものすごい哀れみを感じるとともに、
天皇陛下よりも八木秀次のほうが偉い、
天皇陛下よりも男系固執派の学者らのほうが偉いということを、
一縷の疑いもなく平然と表明してしまうところ、この天皇陛下に対する蔑みは、
女性に対する蔑みとまったく同じ感覚なんだなと思った。
天皇陛下に対しても、女性に対しても、その主体性や思慮をまったく無視!

「きみは女なんだから…」と
「あなたは天皇なんだから黙ってなさい」の類似性。

男尊女卑であり、天皇蔑視。これが安倍晋三支持者なんだよね。

でも、これだけ酷いことを言っておきながら、なぜかこの人、竹田恒泰だけは、
「あれは芸人だからね(苦笑)」と一線置いているのだった・・・。
泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ