ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.1.29 04:02

一点の曇りも、浅ましさもない皇位継承を

『FLASH』見逃せないなあ。
絵文字:ハート絵文字:ハート裸ばっかりだけど、その間に高森明勅先生のコメントを
主軸にまとめられた「天皇と日本人を考える」硬派なシリーズが
掲載されている。
近所のコンビニで見て、表紙が女の白い肌ばっかりだから、
右見て、左見て…そろーっと手を伸ばそうとしたら、
となりの蕎麦屋のおっちゃんが入ってきて「よぅ、おはよぅ!」
と陽気に話しかけられ、急きょ着地点を『週刊朝日』に変更した
りとか。

安倍首相が国会で、旧宮家系の復活については
「対象者がすべて拒否することもあり得る」と苦し紛れな答え方を
していたけれども、
『FLASH』の記事では、旧宮家系…などの方面の男子の方に取材を
試みていた。
電話口での対応は、取り付く島もない様子。
「そりゃそうだろうな…」と思えた。
民間人として生きて、家族も仕事もコミュニティもある人に、
突然すべてを捨てて自由のない皇室に入り「将来の天皇になれ」
と言っても、拒否する、あるいは「恐れ多いにもほどがあります」
と断わってしまうのがごく普通の人なんじゃないかと思う。
政府が接触したであろう旧宮家系国民男子の方々の応対も、想像が
つくようだ。

それでも「男子の血のリレーなんです!」と言って無理矢理に
引っ張っていくようなことがあれば、それって拉致か強制連行か
って話だし、
ましてや竹田恒泰氏が朝生で言っていたような
「赤ちゃんのうちならわからないから」なんて、
天皇陛下はじめ皇族の方々のどなたが、そんなやり方をお望みに
なるのかと思う。
そんな浅ましさによって支えられる皇室って、敬愛できませんよ。

「女性皇族が血縁の遠い男系男子と結婚することで男系を維持する」
という人もいるようだけど、おまえの頭ん中、戦国時代かよ!?
眞子さま、佳子さま、愛子さまのお顔を思い浮かべながら、
“男子を産むために男系男子と結婚させられる女性たち”
“とにかく男子が生まれるまで、産め、産めとプレッシャーをかけら
れる女性たち”
と想像してみなさいよ。
現状そんな目で見られていると思うだけで本当に気の毒に思うし、
腹立たしくて仕方がないよ。
いつまで女をナメてるわけ? 女が黙って我慢してるからですか?
好き勝手なことばかり言って。
一点の曇りもない皇位継承でなければならないでしょう?
女性の瞳を曇らせて、なにが男系よ。

一点の曇りも、浅ましさもない皇位継承を実現してください。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ