ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.2.4 20:15

八木秀次氏の解釈皇太子論がひどすぎる件。

家の近所で『SAPIO』を売っている店がなくて本当に困る。
今週は10時から18時と19時から翌3時のダブルワークになってて
大きな本屋へ出かける余裕があんまりなかったの。
今日も買えずに深夜に帰宅して、でも早く読みたいし、
夜の師範方との打ち合わせまでに目を通しておきたかったから、
電子書籍版を買った。こういう時に電子版って便利だな。

そして、読んでびっくりしたよ。
小林よしのり先生と八木秀次教授の対談、後編。
八木教授があんまりトンデモ発言くりかえすから、読みながら、
わたし、この深夜に思わずひとりで爆笑しちゃったんだけど。

皇太子殿下が即位した時点で次の皇太子がいなくなると説明すれば、

八木教授「それは、皇太子という概念の解釈によります」

憲法学が専門の八木教授によると、皇室典範を改正しなくても、
皇太子は必ずしも天皇の子ではなくても
よいと考えることはできる
だそうだ。なにそれ。
慰安婦問題に続く、まさかの「広義の皇太子」と「狭義の皇太子」?

「皇嗣たる皇子を皇太子という」
皇室典範第8条
 
「皇嗣たる皇子のような皇位継承権を持つ者を、広義の皇太子という」

…みたいなこと?
でででたぁ、
解釈皇太子論!!
いやはや、さすがY染色体教授、いきなりトンデモホームラン。
天皇の弟を「皇太子」と呼ぶなんてむちゃくちゃだろうと言われれば、

八木教授「それは語感の問題」

語感て。「サクッと皇太子か、ニュルっと皇太子か」ってな感覚で
いかようにも解釈していけたら、法律なんか必要ないわい!
「語感の問題」でなくて、「次世代の皇太子がいないことが問題」
なんですけど。

そしてこの先がさらにすごい。

じゃあ皇族になってもよいという男性を早く連れてきてよ、と言うと

「いますから大丈夫です。
家族構成や年齢など、すでに把握されています」

いるなら国民に見せてくれないと。法律を作らなきゃならないんだから。

「見せたらどうせまたすぐにバッシングするでしょ(笑)」

バッシングされて国民の信頼を得られないような人じゃ、将来の天皇
として敬愛できないんだから、堂々と顔を見せてくれなきゃ。

「そんな必要はありません。政府として把握できていればいい」

いやいや。私たちの天皇陛下であり、私たちの皇室なんですよ。
政府が勝手に把握してるだけで、その実態が見えないんじゃ、
賛成も反対もしようがないですよ。

「政府はまだ把握できていないかもしれませんが、
旧宮家の当主クラスが、皇籍復帰の意向を持つ方を把握している
と聞いています」

なんでやねん。
あんたさっき家族構成や年齢など、すでに把握されています」って、
ゆうた
ばっかりやがな!
ま、じゃあ「広義の把握」ってことにしてあげて、
あなた、8月8日のお言葉公表の前の週に、官邸から、お言葉の内容と、
背景事情を電話で聞かされていたぐらい官邸と密接なんだから、
一刻も早くその方を紹介して差し上げて、記者会見すればいいじゃない。

「政府の人間ではないので手続きを聞かれても困りますが、
事前の記者会見は不要です」

なんなのそれ。
どこの誰でどんな人かもわからない人物、記者会見もさせずに、
布で覆い隠すように政府が連れてきて大丈夫?
バッシング防止のためと言って、その人の出自を特定秘密として、
すべて黒塗りに保護して、

「このお方は、■
■、
■、
■。
■、広義の皇族となります!」

とか言い出すことになりかねないでしょーが!

天皇皇后両陛下が、あれだけ国民の前にお姿を現してくださって、
ただただ真摯なお姿、慈悲慈愛に満ち溢れたお姿を示して下さるから
ここまでの敬愛が育まれたのに、

姿は見せられないが、とにかく、いるったらいる!

とだけ言われて、誰が敬愛するのよ。敬愛の仕方がわからないよ。

子供か!

バカ
でないの? 広義のバカだし、狭義のバカですよ。

なんの説得力も感じない「広義の解釈」ばかりのトンデモ答弁。
これ読んで、誰が「さすが八木秀次先生」って思うのかしら。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ