ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.3.1 03:03

森友学園問題、「利用された」で済まない疑惑

森友学園の土地について、
私有地化したものを「錯誤」を理由に再国有地化されているという件は、
第一報は大阪ローカルの毎日放送が報じたのですが(←高森先生情報)、
全国放送のメディアが扱わないので、登記をとって、くわしく書いたのです。
橋下徹氏が、その件について説明されたのなら、テレ朝で広く放送される
ということですから、ぜひ聞きたいと思います。
平成25年1月10日に急に再国有地化されていますが、政権交代があり、
第二次安倍政権が誕生したのはその直前、平成24年12月です。

今日配信のライジングでは、
森友学園をめぐる「共謀」関係が疑われる人々
について列挙してあります。
森友学園問題は、ただひとりの「変な理事長」が、安倍首相夫妻を利用して
宣伝活動をした?・・・というような小さな話ではなく、
土地の賃貸契約、値引きした上での売買契約、小学校設立のための認可、
政府からの表彰、受賞など、ことごとく、不自然に、森友学園だけが優遇
されているという複数の省庁にまたがる巨大な汚職疑惑です。
ここまで巨大な優遇がなされるには、やはり政治家の口利きがあったので
はないか? という話です。

安倍首相は報道各社を呼びつけてまで「安倍夫妻は名前を利用された」
という犠牲者づらで逃げようとしており、懐柔されてすでに追及の手を
ゆるめて、
森友学園だけを単体で攻めるような言い方をする局が出て
きていますが、

それでは一連の巨大な疑惑をごまかすことに加担することになります。

まずは今日配信のライジングをお読みください。

ちなみに、次回も森友学園問題で記事を書く予定です。
森友学園の運営するあの塚本幼稚園には、数多くの自称保守派の人間が
保護者向けの「講演」として顔を出していますよ。
http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/lecture/
田母神俊雄、曽野綾子、百田尚樹、渡部昇一、平沼赳夫、櫻井よしこ・・・
竹田恒泰氏なんて平成23年と25年の二度、講演していますね。
また「利用された」と逃げるつもりでしょうか?
この巨大なアナクロ村の村長は、一体誰なのでしょう?

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ