ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.5.26 06:25

政権擁護の番組にがっかり・・・

TBSの「ゴゴスマ」をちらっと見たら、全力で前川前事務次官の
出会い系バー通いのほうにスポットを当てていて、政権擁護に
終始しているので呆れてしまった。

特に、政治心理学者(?)の川上和久氏は、
「出会い系バーに何回通ったのか、行ったあとどうしていたのかを
詰めるべき」
「もしも文書が本物だったとしても、違法じゃない」
「証人喚問をしても意味がない」
などと言い、スタジオ全体で「野党の政局に利用されても困る」と
国民の目線で追及する側の野党を問題視していた。

だいたい、読売新聞という大手全国紙が一面で、既に退官した人物
の違法性のないプライベートの姿を報じ、
「官邸に都合の悪いことを
言う人間の人格攻撃に加担している実態」
が異常なのだ。

それはジャーナリズムじゃない。
読売新聞は、完全に安倍首相の御用新聞なのだ。
わたしだったら即刻購読をやめるレベルの醜聞だよ。
あっ、だけどこうなってくると読売新聞が今後なにを報じるのかを
監視しなければいけないから、笹さんは購読していて欲しいです…

「安倍さんには年間1億円ぐらい使っている」と豪語した加計氏、
「加計さんは俺のビッグスポンサーなんだ」と自慢した安倍晋三。

加計学園だけが獣医学部を開設できるように、安倍晋三主導の国家
戦略特区計画がおしすすめられて、37億円相当の市有地がタダで、
さらに96億円の補助金が加計学園にプレゼントされているのだ。
国民の財産であり、国民の税金が、国民のための公権力を利用して
<首相のビッグスポンサー>に流れ込んだんですよ?

この癒着、この不公平を問題視できない政治心理学者って、一体、
誰の目線からの政治心理を研究しているんだろう…。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ