ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.6.29 06:50

下村博文、それ、脱法ヤミ献金でしょ。

下村博文・自民党幹事長代行の加計学園からの献金問題、
ああ、やっぱりなあって感じだ。真っ先に思い出したのが、
5月23日配信のライジングで紹介したこのチラシ。
2013年9月16日(月)に、加計学園・英数学館小学校で行われた、
「グローバル教育説明会」の申込書に添えられているコメント。

ああ、安倍家同様に濃厚なつきあいがあるんだな、
似た構造があるなって思うし、
『文部科学大臣夫人』ねえ。ふーーーーん・・・って考えるよね。

記者会見では、加計学園から受け取ったものじゃない、
個人や企業11人からちょっとずつ集めたものを、加計学園の秘書室長
が持ってきたんだ、その合計が200万円なんだと説明していたけど、
「11人」って数字を出してきたこと自体が、帳尻あわせだろう。

政治資金規正法では「20万円以上」の場合は報告書に記載しなければ
ならないことになっている。
10人以下から200万円を受け取った場合、どうしても最高額で20万円
渡した人が出てしまって違法になるけど、
11人から200万円と言えば、最高額が約18万円という計算が成り立つ。
だからセーフだろ、と?

へっ。下村’s イレブン。
それって、脱法ヤミ献金って言うんですよ。

「稲田朋美防衛相が誤解を与えるような発言をしたことについては
残念だ。ただ、実際に、自衛隊とか防衛省に選挙応援をお願いする
わけじゃないし、もちろんそういう風にはならない。
これで辞任となったら続けられる人は、誰もいなくなるんじゃないか」


これは、昨日、下村博文が言った言葉だ。
《これで辞任となったら続けられる人は誰もいなくなる》
ええ、本当にそうですよ?
“安倍人事”と言われる閣僚に、まともな人がいないんだから。
本来なら、もう3、4回ぐらい内閣総辞職してて当たり前の事態に
なっているのに、屁理屈と逃げをこいて、恋々と権力の座にしがみ
ついているだけで、もうまともに続けられる人は残ってないですよ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ