ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.8.17 04:56

男尊女卑あるある

コメント欄で、たこ焼きざむらいさんが紹介していた記事を読んで、
「あるあるーーー!」と思いました。
これはアメリカのペンシルバニアの話で、
ある男性が、部下の女性が周囲から不当に低い評価をつけられている
ことに気がついて、この女性と2週間だけメールの名前を交換して、
女性のふりをして仕事してみたところ、
男性の名前からのメールに対しては顧客がすごく機嫌よく応対して
感謝してきたりもしたのに、同じことを女性の名前で行うと、
無視したり高圧的な態度でクレームをつけてきたりするという話。
一方の女性のほうは、男性の名前を使ったことですいすい仕事が
はかどったそう。

対応したのが女性というだけで、顔も見ずに、責任感がないはず、
仕事のことなんかわかってないはずという態度で接してくる男の人、
いっぱいいますね。
笹さんの真夜中のつぶやきも読んで、自分も過去に記憶をまき戻し
ました…。

昔、会社経営してたとき、営業のためにいろんな名刺交換会や交流会
に出て、覚えてもらおうと必死になった時期があるんだけど、
20代で若くて甘ちゃんだったのも原因だけど、
初対面で名刺を交換して、まだなんにも会話がはじまらないうちに、
いきなり「聖子ちゃんね」(私、本名は聖子ちゃんなのでね)
呼ばれたり、

「俺より、あっちの隅にいるおじさんのほうがお金持ちだよ」
「聖子ちゃん、あのスーツのおっさんの会社、もうかってるんだよ。
今夜お相手したら? 仕事もらえるかもしれないぞ」

などと露骨なこと言われまくっていました。
初対面の話ですよ? 
会場には、私と同い年や、私よりもっと若い男性も参加してて、
男性はなぜか最初からちゃんとそれなりに話を聞いてもらって、
励ましの言葉をかけられたりしていて。
つくづく理不尽だなと思いました。

つい数年前も。
小さな事務所で画像のレタッチや、問い合わせの対応をしていたとき、
急遽、定年退職して警備員をやっているという男性が
アルバイトで入ってきたんだけど、顧客対応が雑で、電話もお客様より
先にガチャ切りしてしまったりするので、
みんなが遠回しにアドバイスしていたのですが…
ひと月たたないうちに、
「こんな仕事、女にやらせればいいことだろ? なんで俺がこんな
ことしなきゃならないんだよ!」
と言って、辞めてしまいました。

なにも私だけの特殊な話ではなく、日本全国、女性の「あるある」
だと思います。
報告まで…。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ