ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.10.4 07:04

本日21時から生放送!小池独裁体制の希望の党とは?

今朝、MXの「モーニングクロス」に、都民ファーストの会から
離党の意向を表明した音喜多駿氏が電話出演していた。

ある時期から、番組側から音喜多氏に出演を打診しても、
返事がもらえなくなっていたことが明かされ、
音喜多氏は、党からメディア出演を厳しく規制され、
事実上発言できなくなっていたことを話していた。
また、新人議員と食事に行こうとしたところ、党の役員から
呼び出され、「分派活動だ」と激しく叱責されたという。

都ファ結成の初期は、党員も数名で風通しがよく、
自由に話せる関係だったが、都議選で大勝した直後から、
「大きな組織になり、ガバナンスの関係」もあって、
一気にトップダウン化し、言論が規制されるようになったという。
ブラックボックス化された上層部ですべてが決定されてしまい、
議員間の議論は禁止。
今回離党表明した2名のほかにも、違和感を感じている者は
少なくないのではないか、とのことだ。

「あれだけ小池さんを推していたのに、見る目がないのでは?」
という意見がぶつけられたが、音喜多氏は、
「見る目がないと言われると返す言葉がないのですが…」
と正直に答え、批判も受け止めると言っていた。

音喜多氏は、大勢を引き連れて離党するつもりも、
国政に
出るつもりもなく、無所属の都議として、
小池都知事に意見を言える
立場になる、と。
党の要職から、希望の党としての衆院出馬を何度も要請された
そうだが、断わったとも明かした。

音喜多氏に「見る目がない」とか「今頃気づいたのか」と言うのは、
そりゃ都議選後の言論封殺された異様な姿を見てからなら、
言うのは簡単なことだと思うけど…
そこから自分で考えて、自分の言葉で話す道を
勇気を持って選び、
内部をつぶさに見て来た立場から、小池百合子独裁体制の異常さを
世間に知らせたのだから、
公のために重要な役割を立派に果たしたんじゃないか、と思う。

番組では、その後、あるコメンテーターの方が「保守とリベラル」
について解説していたけど、「左翼」と「リベラル」が同一のもの
であり「革新・革命・急進」と解釈されていた。
さらに
リベラルの元祖がカール・マルクスという表示だったので
首をかしげた。
「革新保守」とか「民進党のリベラル派」という言葉は報道される
けど、その意味がちゃんと理解されないままだと、いつまでも熟議
に至らないのかなと思ったりする。

…なんて思ってたら、倉持麟太郎弁護士が視聴者としてすかさず
ツッコミのコメントを入れてて、紹介されてた。活動してますね!


さて、このあと21時から生放送ですよ!

「希望の党は極右政党になる」
よしりん・もくれんのオドレら正気か? #6
泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ