ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.12.26 12:01

朝日新聞がデマ本を提訴

最後の徹夜明け作業を終えて、わりとふらふらな私だけど、
この3日で箱根駅伝関連の取材をして、異常に箱根に詳しく
なった。
明日は4時起きしてMXのモーニングクロス。
やわらかく、「日本型ライフシフト」という話をする予定。
あとは年末の店の大繁盛を朝までさばいて、大掃除したら、
晦日には実家だぴょん。師走よー。


朝日新聞が、小川榮太郎氏と飛鳥新社に対して、5000万円の
損害賠償と全国紙全6紙への謝罪広告掲載を求めて訴訟を
起こした。18ページにわたる訴状を読んだ。
「圧倒的強者によるスラップ訴訟だ!」
「朝日新聞を批判した者は社会的に抹殺するという恐怖政治、
全体主義による粛清だ!」
というネトウヨ的抗議が押し寄せることに
なると思うけれど、
そもそも批判でなく、名誉棄損、誹謗中傷が目的の本だからなぁ。
なにしろ、朝日新聞は本気でデマ、フェイクと戦うつもりだ。

小川氏は、さっそく「スラップ訴訟起こされて迫害されてます」
という意味合いの長文のコメントを発表して、
産経新聞・阿比留瑠比に寄り添われている。

小川の非を鳴らし、朝日新聞の報道がいかに正しかったかを
説得しなさい。それで私の社会生命、言論人生命は終わります」

「裁判所に判断を委ねる必要など、社会的に圧倒的強者であり、
自説を証明できる膨大な紙面と圧倒的な読者数を誇る朝日新聞社
の取る道としてあってはならぬ最悪の邪道と言う他ありません」

権力者側の言い分だけを理由なく丸のみして、
「無双の情報ギャング朝日新聞」だの「戦後最大級の報道犯罪」
だの名誉棄損の限りを一冊の本のなかに詰め込み、
発売後も威勢よく朝日を挑発しまくることができたのは、
自分のバックには圧倒的強者の安倍政権がついていると思って
いるからでしょうよ。

今後どうなっていくのか、行方を注視して、進捗があればまた
書こうと思う。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ