ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.1.2 15:07

正月おわりー。はたらくどー。

うちのお雑煮は、四角い餅、かつおぶし、海苔。
子供のころからこのシンプルさです。あとは出汁のうまみ。

朝からどやどやLINEの通知がとどいて、
なにごとじゃいと思ったら、箱根駅伝で東洋大学がきてる! と。
それで、私の書いた箱根駅伝の記事がアクセス数爆上がりで
大変なことになってますよという連絡だった。
私の力じゃなくて、
予言した西本さんとランナーたちが凄いんです
けどね。
でも正月から、すごく読まれてますよ、と言われるのは嬉しいし、
こうなったら、東洋大、復路もがんばれー!

実家ではなんだか、大知先生の話で超盛り上がった。
あ、今年から三浦大知くんのことは大知先生と呼ぶことにしました。
あの紅白の無音ダンスがばちっと決まった瞬間、うちの家、
どよめいちゃったからさ。
ちびっこに好かれてるのもいいとこだよね。
これでまたまた売れて、もっとすごいダンス・エンタテイメントを
見せてくれそう。大知先生がんばってください!

…という正月休みもたちまち終わった。
もう仕事しないといけないので東京へもどる。
池の水ぜんぶ抜いてカメやらブルーギルやら駆除する番組を横目で
見ながら明日の仕事の準備をしてたら、0時まわってるし。

ずっと本読んでたら、父親が、おれの蔵書、好きなだけ持ってって
いいぞと言ってくれた。ありがたいね。
父親は、大学や研究室への締め付け、人文学部系の軽視と加計学園
のこと、えらく怒ってて、話が合った。
父親が教鞭とっていた社会学も大学からなくなるかもしれないと
憂いていた。
いかんよ、いまの方向性。

よーし、はたらくどー。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ