ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.3.23 06:41

権力の申し子でない「保守」

昔はここまで考えたことがなかったけれども、
「情」って一番大切なところかなと思う。
「情」は、物事に応じておこる人間の心のうごき、はたらき、
気持ちのことで、
その時々の出来事をいろいろな角度から精細に受け取って
複雑に変化し、自分の心の内にあらわれるものでもあるし、
時にはルールや規則よりも、「情」によって変化するあいまいな
判断のほうが納得のゆくときもある。

「情」は、単に「涙もろい」とか「ほだされる」とかいう、
心の隙のような意味合いばかりではないと思う。
他人に動かされる「情」があるのと同じく、
「情」があるから動かない、ということだってある。
まちがっちゃうことももちろんあるけれど、
「情」は、包容力でもあるし、真理を押さえるときもあると思う。

ここを追求しているのが、ゴー宣道場だから、情ある人々が
集まっていて、活動家のような紋切り型の発言でない、
いろんな意見やこころを出しながらの議論ができるんだと思う。
こういうのって、「リベラルってなにか」「保守ってなにか」
「二項対立と柔軟性」というようなテーマとも
絡まり合っている
ひとつの要素に私は感じるけれど、
いまは不要な意見かな…。


倉持氏案内の、朝日新聞掲載の記事を読んだ。
憲法改正反対なら「反日」「売国奴」と罵るようなネトウヨは
論外だけども、
「護憲VS改憲」の二項対立を変えていくには、
「劣化しきった“自称”保守派というもの」=「権力の申し子」
であるということをはっきりとさせて、
では「本当の『保守』とは?」という部分と、
法律・憲法の専門家の方々の緻密な法の理念とが、
誠実に議論されていく過程を見せていく必要があるんだと思う。

「私たちの社会が基本的価値として何を大切にするか」を
議論し創造していくという過程は、硬直せずにどんどんやって
いくべきだなと思うし、
「憲法改正は国民を統合していく契機」という部分は、
疑問が浮かんだり、わからなかったりもしている。
ほかにもわからない部分がたくさんあるので、
当日、山元一先生からお話をうかがって、背伸びしながらも、
勉強したいと思う。


第71回ゴー宣道場参加者募集!
「権力の腐敗と立憲主義

平成30年4月8日(日)午後2時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

48日(日曜)14時から「ゴー宣道場」を東京で開催する。

特別ゲストは憲法学者・

山元一 慶應大学教授である。

テーマは「権力の腐敗と立憲主義」とする。

 

現在の「アッキード事件」による権力の腐敗は、

もう目も当てられない。

一人の権力者が自分の妻すらコントロールできずに、

国有地をタダ同然で売り払い、妻を擁護したいという

「私的エゴ」を貫徹するために、財務省に文書改ざん

という重大犯罪を惹起させたのである。

 

憲法というものは、国家体制の根源に関わる重大犯罪すら
防げないものなのか?

この国はそもそも「法治主義」なのか、「人治主義」

なのかという疑問すらぬぐえない状態になってきた。

一体、立憲主義に意味があるのか?

 

山元教授をお招きして、今の権力の腐敗を論じると共に、

憲法の意味そのものにも立ち入る議論を行いたい。

 

もちろん山尾志桜里議員も登壇する。

 

参加申し込みの締め切りは328日(水曜)である。

奮って応募せよ!

当日、道場の入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

申し込みフォーム

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要


申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。
プリントアウトができない方は、当選メールの受信が確認できるもの
(携帯電話、タブレット等)をお持ちの上、ご来場ください。

 道場参加申し込みフォーム

応募〆切 は 平成30年3/28(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ


泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ