ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.5.31 06:00

人妻達の悪巧み

妻と娘が無事、帰国。

2人で1週間程イタリアへ行っていた。

どちらも人妻。

つまり旦那が日本とシンガポールに、
それぞれ1人寂しく置き去りされていたのだ。

何と薄情な人妻達であろうか。

以前、この2人はローマを中心にイタリアを巡った。

それでイタリアが気に入ったらしい。

イタリアの男性はすれ違う時に、
自分が携帯電話をかけながらでも、
しかもこちらは母娘の2人連れなのに、
「お茶でもどう?」とマメに声を掛けてくるとか。

まぁ、それで気に入った訳ではあるまいが。

今度はべネチアを中心に旅行を計画したようだ。

それも妻などは、事前に塩野七生『海の都の物語』(全6巻)
を読み込む熱の入れよう。

そう言えばローマに行った時は、
同じ塩野作品の『ローマ人の物語』(全43巻!)
を読んでいたっけ。

その前にスペインに行った時は、
次男をボディーガード代わりに連れて行った。

だがその後、余分な(?)1人分の旅費を倹約して、
自分たちの贅沢に集中的に使う事にしたらしい。

このところ専ら母娘2人旅。

イタリアはまだまだ観る所が一杯あるわ」と、
早くも次の旅行を企んでいるようだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ