ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.6.20 07:00政治

アメリカの「核の傘」は実在するか?

フランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏。
 
最近、日本が核兵器を保有すべき事を、再び訴えている。
 
「米国は、核兵器を持った相手(北朝鮮)とは交渉し、
核兵器を諦めた相手(イラン)には攻撃的に出ている。
…『米国と和平的交渉をしたいならば、核兵器を持った方が
いい』
というメッセージを全世界に向かって発しているも
同然です。
米国は、核拡散を奨励する外交を展開している」
 
「イラン核合意の破棄は、意図せずとも、
北朝鮮にはこれ以上ないほど直接的なメッセージとなって
伝わります。
イランは合意を順守していたのに、
米国はそれを一方的に破棄した。
この様子では、米国の言うことは信用できない、と」
 
「もし北朝鮮の指導者がバカでなければ…
米国を決して信用しないでしょう。
…このままでは北朝鮮は決して核兵器を捨てようとは
しないはずです」
 
「核は例外的な兵器で、これを使用する場合のリスクは
極大です。
ゆえに、核を自国防衛以外のために使うことは
あり得ません。
例えば、中国や北朝鮮に米国本土を核攻撃できる能力が
あるかぎりは、米国が、自国の核を使って日本を護る
ことは絶対にあり得ない。
…要するに、『米国の核の傘』はフィクションにすぎず、
実は存在しないのです」
 
「私は平和を愛好する者であり、
フランスではラディカルな左翼と目されている者ですが、
核保有によって平和と安全を確保しているフランスの人間
として、そして日本の友人として、日本もみずからの安全
を確保するために核保有を検討してもいいのではないかと
思った」
 
「米国の狂乱状態は単なるアクシデントや偶然というより
構造的なもので、恒常的に続く可能性が高いと思います。
つまり、米国は、信頼できる安定勢力ではなくなりつつ
ある」
 
「核の保有は、攻撃的なナショナリズムの表明でも、
パワーゲームのなかでの力の誇示でもありません。
むしろパワーゲームの埒外(らちがい)に自らを置くこと
を可能にするのが核兵器です」と―。
 
傾聴に値する発言だろう。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第78回

第78回 平成30年 12/9 SUN
14:00

テーマ: 「移民と人権とナショナリズム」

INFORMATIONお知らせ