ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.6.23 12:11日々の出来事

タバコの副流煙を嫌う者として

タバコの副流煙を吸うと、どれほど苦しいか、どれほど
急速に体調が悪くなるか、それって愛煙家には絶対想像
できないだろう。

0歳のときから喘息体質で、今も定期的に通院し、毎日
必ず薬を飲んでいるわしのような者にとっては、特に
タバコの副流煙は猛毒になる。

わしはタバコの臭いにはすごく敏感で、こっそりタバコを
吸っている女とは、恋愛関係になりそうになっても、即、
別れた。
百年の恋も一瞬にして吹き飛ぶほど、タバコの臭いに体が
拒否反応を起こすのだ。

だが、わしは、これまで絶対に嫌煙運動には加担しなかっ
たし、これからも禁煙ファシズムには加担しない。
それはセクハラの体験者が、セクハラ糾弾ファシズムに
走るのと同じことだ。
自分を犠牲者だとして、ファシズムを扇動する馬鹿大衆
には絶対なりたくない。

仕事場では、タバコを吸うスタッフはベランダに出て
吸っている。
ベランダから部屋に戻ったスタッフの洋服からは、
タバコの臭いが漂ってきて、思わず息を止めてその場を
離れる。
だが、仕事場を探すときは、スタッフにタバコを吸わ
せるために、ベランダ付きを重要な要件として入れる。
トイレで吸われたら大変だからだ。

なんとか愛煙家の自由も認めてやろうと、わしは黙認
してきた。
だが、国会で肺がん患者を参考人として呼んでおいて、
その患者にヤジを投げつけるというクソ野郎は、
やっぱり許せない!
選挙で落とすべきである。

だがわしは、せいぜい分煙くらいにしといてやれと
思っている。
タバコを吸う奴より、その副流煙を吸わせられる者の
方が健康を害するのは間違いなかろう。
わしは体験として知っている。
それでもわしは禁煙ファシズムには加担しないのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ