ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.6.27 07:00政治

カテゴリカルな消去

憲法9条を巡る解釈で「自衛の為の戦力は合憲」
とする立場がある。
 
いわゆる“芦田修正”(2項冒頭に
「前項の目的を達するため」という文言を“追加”した事)
を重視する解釈だ。
 
しかし、それは無理。
 
「日本国憲法には、66条2項の文民条項以外は、
戦争ないし軍隊を予定した規定がまったく存在しない」
(芦部信喜氏)からだ。
 
「もし、9条が自衛のための軍備の保持を
認めているとするならば…軍隊の指揮統率(とうそつ)
やその編成に関する規定が憲法上存在しなければならない」
(高見勝利氏)。
 
にも拘らず、それらは一切存在しない。
 
それが、日本国憲法における
「軍事権のカテゴリカルな消去」と呼ばれる特異性だ。
 
「日本国憲法だけを読んでいると、
軍事権をカテゴリカルに消去していることには、
なかなか気付けないでしょう。
 
しかし、軍隊のある国の憲法と読み比べると、
このことは明確になります。
 
…軍を持つ国の憲法は、
軍の指揮権や派遣の手続きについての規定を設けて、
軍をコントロールするのが普通です。
 
…立憲主義的な憲法にとって、
軍隊のコントロールは重要な役割の1つです。
 
しかし、日本国憲法には、
そうした規定が一切存在しません。
 
それは、『軍を置かないことが前提になっているからだ』
と考えざるを得ません」(木村草太氏)。
 
従って憲法を見直す場合、
それが真っ当な議論であるか否かを
見極めるポイントは2つ。
 
(1)9条2項の「戦力不保持」規定を改めるか、
どうか(改めずに自衛隊を「明記」すれば、
対米依存=従属は固定化され、むしろ深まる)。
 
(2)「戦力不保持」規定を改める場合、
軍事権をコントロールする規定を“カテゴリカル”に
追加するか、どうか(追加しなければ、「戦力」への
立憲主義的な統制が働かない)。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ