ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.6.28 07:00日々の出来事

人間の3類型

私のこれまでの狭い見聞によると、
人間には大雑把に言って、3種類のタイプがあるようだ。
 
まず、全てのタイプに共通するのは、
皆、何らかのハンディキャップを背負っていること。
 
他人から見ると、何の不足もない、
羨ましい限りの人生のようでも、
どこかにマイナスの要素を抱えているのが普通だ。
 
しかし、そのハンディキャップを逆にバネにして、
大きな成果を生み出したり、目覚ましく成長したり、
素晴らしい幸せを掴んだりするタイプがいる。
 
例えば、歴史上の人物では精神分析の創始者、フロイト。
 
彼は不器用で、同時代に開発されていた催眠術による
ヒステリー治療法をうまく駆使できなかった。
 
その為、独自に「夢判断」や「自由連想法」による
治療法を編み出し、やがて精神分析学を大成させた。
 
ノーベル生理学・医学賞を受賞された
京都大学の山中伸弥教授も、そうだ。
整形外科の研修医としては手術が下手で、
“ジャマナカ(邪魔中)”などと呼ばれていた。
上手い医師なら20分位で済む手術に2時間も
かかったとか。
 
そこで研究者に転身し、
iPS細胞の研究で世界的な業績を生み出されている。
 
一方、そのハンディキャップ故に、自暴自棄になったり、
怠惰に流れたり、他人を恨んだりして、周りに迷惑をかけ、
自分も傷つけ、破滅の道に落ち込むパターンがある。
 
最後に、ハンディキャップを抱えつつ、
飛躍もしない代わりに、極端に堕落もしないで、
それなりに無難に世の中を渡っていくというケース。
 
この3類型だ。
 
これは、各人が抱えているハンディキャップの
種類や程度とは、ひとまず関係なく、分かれるようだ。
 
巨大なハンディキャップを背負いながら、
それを乗り越えて偉業を成し遂げたり、
ちっぽけなハンディキャップに躓いて人生を棒に振ったり。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ