ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.7.17 18:33お知らせ

麻原遺骨騒動に全部答えを出す!ライジング277配信!

猛暑に負けない熱中記事!
小林よしのりライジングVol.277
配信です!

今週号のタイトルは
「麻原遺骨騒動の奇妙さ」


小林よしのりライジングVol277

ゴーマニズム宣言では、
オウム麻原彰晃(松本智津夫)の
死刑執行から新たに沸き起こった
「遺骨騒動」について、明快分析!

「遺体の引き取り手は四女に」という
麻原の遺言は「捏造」という説が出ているが、
真相は如何に?
三女VS四女の争いの深層は?
遺骨が教団に渡ると麻原が「神格化」
されるというのは本当か?
滝本太郎弁護士が言い出した
「遺骨をパウダー状にして太平洋の
特定不明の場所で散骨」案の是非は?
そして、死の直前に麻原が考えた
ことは何だったのか?
すべての疑問に答えを出す!

 

「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
「読めない・考えられない人に合わせる世界」

オウム事件当時のことを調べようと
当時のスクラップを引っぱり出してきて、
まず思ったことが…
「新聞の文字、ちっさい!!」
あまりのサイズの違いに驚いたが、
これは単にお年寄りに読みやすく
というだけの配慮ではなかった。
その後に登場したスマホの存在も加わって、
さらにとんでもない事態が現在も
進行中である!!


【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑が執行され、
これでオウム事件も大きな一区切りがついたと
思っていたら、その遺骨をめぐっておかしな争いが
勃発して、たちまち新たな騒動が始まってしまった。
麻原は死刑執行直前、自分の遺体の引き取り人に
四女を指名していたという。
死の直前、麻原は何を考えていたのか?

※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
…「高齢化、高齢化」と、物心ついた頃から延々と
聞かされつづけてきたので、新聞の文字がどんどん
大きく丸っこくなっていくのも、文芸誌の
拡大サイズ版が発売されたときも、
「お年寄りが増えたから、目にやさしい本づくりを
しないといけないんだな」なんて、ふわっと
考えていただけだった。しかし、事態はもっと深刻だ。
読めない・考えられない人に合わせる世界
…その先にある未来とは?

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
今期のドラマで注目している作品や女優は?
人里離れたお寺で育った先生は、今でも小動物や虫を
平気で触れる?
同世代の活躍に刺激を受けた経験はある?
教養とは何?
先生にとって30代とはどんな年だった?
被災地に千羽鶴を送ることをどう思う?
小室圭さんの留学の理由は?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第285回
「麻原遺骨騒動の奇妙さ」

2. しゃべらせてクリ!・第234回
「真夏のビーチで美人にかしずくぶぁい!の巻〈前編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第89回
「読めない・考えられない人に合わせる世界」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ