ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.7.18 15:35日々の出来事

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)

昭和枯れすすきって言われると、うちのアパート、本当に枯れすすき然としてるもんだから、「そうだけど?」みたいな感じで、今後はある意味特権的にタオルケットとアイスノンで大都会東京の熱帯夜を生き抜いてゆけばよいのだと自信がついた。
だって私はアスファルトに生える雑草だから(キラッ)。

ところでまだ全部読めてないけど、この本おもしろい。

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)
森友も加計も、発端から現在進行形の疑惑まで全部網羅されてるよ。
なつかしの「コンニャク会見」のショットにはちょっと笑ってしまった。
どこぞの提灯持ちの書いた本は、どこぞの自民党に大量購入されて9万部とのことだけど、こういう本が自然にいっぱい売れている世の中のほうが、絶対的にまともだと思う。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ