ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.7.20 14:49日々の出来事

IQの高すぎる若者の話を聞いた

取材で本郷の東京大学へ。
キャンパス広くて迷う可能性あるし、歩くだけで死ぬかも
しれないから、
水分持参で出掛けたんだけど、
涼しい部屋にいたのに、取材中、
目眩に襲われて視界が
白くなって危なかった。

思ってるより多めに水分補給したほうがいいね。
IQの高すぎる若者の話をずっと聞いていたので、脳みそが
力んでいたの
かもしれないけど。

Google、Facebookの話を中心にうかがったんだけど、
そりゃ今の時点ではGoogleに勝てる気はしませんけども、
あの業界は10年後はわかりませんから、と言ってのけて、
日本人の特性と能力を結集させて、米国ネット企業を倒そう
と考えてるようで、凄い人がいるんだなあと思った。

アインシュタインの相対性理論よりも、現代の先進国が抱える
社会問題のほうがずっと難しい、だから、そこに取り組める
仕事を選びましたと言っていた。
はああっ、どうかよろしくお願いします、という気分になった。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ