ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.8.6 10:54日々の出来事

「ゴー宣道場」山尾私案発表の手応え

昨日の「ゴー宣道場」は、山尾志桜里議員の提案する
「自衛権統制規範としての憲法九条案」を読んで、
山尾氏の説明を受け、議論し、参加者との質疑応答を
行なった。

安部政権は「自衛隊」を憲法9条に書き込む案だが、
その自衛隊が「戦力」かどうかも、「交戦権」がある
のかどうかも、分からない。
現状の米国追従を固定するのみの「属国案」である。
自称保守派が、あれほど憲法改正を主張してきたにも
関わらず、出てきた案が「自衛隊」を書き込むだけ!
日本国を誇り高い自主独立の国家にするどころか、
思いっきりマイナスに働いて、属国の固定化である。
いかに自称保守派がエセ保守だったか、証明された
ようなものだ。

それに対して山尾私案は「自衛権」を「統制」する
条文を憲法9条の2に追加して、「戦力」の保持を認め、
「交戦権」の一部を解除するのである。
これが現状の憲法9条、1項、2項を削除することなく、
平和主義の下に、リアルに自国を守れる条文となって
いる。
対米追従による「侵略戦争」を防ぎ、平和主義を貫き、
安倍加憲よりも、はるかに自主独立の誇り高い国家を
目指すのが、山尾私案である!

昨日は第二部を最後まで質疑応答の時間にしたが、
全部、有効な良い質問ばかりだった。
アンケートを見ても、参加者のレベルが上がっている
ことを感じる。
いずれ時浦が選んだコメントをブログで公表する。

山尾志桜里氏には、さらに練り込んだ私案を発表する
ために、「ゴー宣道場」に参加していただく。
立憲民主党の中で、「立憲的改憲」を理解してくれて
いる他の議員たちも、紹介するときが来るだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第79回

第79回 平成31年 2/10 SUN
14:00

テーマ: 未定

INFORMATIONお知らせ