ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.8.13 08:04日々の出来事

激論!サンデーCROSSに出て

「激論!サンデーCROSS」という堀潤の番組に出た。
連載が多くて、もうテレビに出るのは止めていたのだが、
「『戦争論』から20年」というテーマでやってくれると
いうのだから、出ないわけにはいかない。
『戦争論』は毎年、増刷されているから、今も影響力を
発揮している。

番組では、大東亜戦争、『戦争論』、個と公、東京裁判、
核兵器、靖国神社、一時間くらいの中で、本質を突いた
議論が、バッチリやれたと思う。
ネットで見れるなら、ぜひ見て欲しいくらいだ。

ただし、わしは一か所、ミスを犯した。
イージスアショアの値段を400億と言ってしまった。
調べてみると4664億円らしい。なんと桁が違っていた。
ここだけは痛恨のミス。

わしは「ニュース女子」の極右イメージが強すぎて、
東京MXテレビ自体がネトウヨ視聴者に占拠されている
のかなと偏見ができてきていた。
そこにトッキーからネトウヨが2名出ると聞いたので、
やっぱりそうなのか、叩き潰さねばならんなと思って
いたのだが、拍子抜けした。
トッキーが言った2名とも、やたらわしに好意的で、
ネトウヨには見えなかった。

ただ、「従米保守」「安倍政権マンセー」の「世間」に
しか、自分が活動したり、表現したりする場がない状態
だと、自分の言葉や意見を、その「世間」に合わせる
ようになっていく。
それこそが、戦前の戦争遂行を支えた「国防婦人会」
のようなもので、「安倍政権に反対の者は非国民だ!」
というニセの愛国者になってしまう。

これも「個と公」の問題で、「公」「私」「個」「集」の
うち、「集」に絡みとられて、「個」が埋没する構図に
なっているのだ。
「公」のために、「個」を確立するのは、恐ろしく
難しいことなのだ。

今の自称保守・従米保守・属国保守・ネトウヨの世間は、
「Hanada」「WiLL」「新潮45」と拡大を続けて
いるが、それに対して、真正の「保守」の世間が、
あまりに狭すぎる。
藤井聡氏がやっている、「表現者クライテリオン」か
「ゴー宣道場」くらいしかない。
しかし「クライテリオン」は完全に知識人のための
雑誌で、一般人にとっては難しい。

バランス感覚のある一般人が思想し、参加できる場は
「ゴー宣道場」しかないのだ。
テレビ朝日がいよいよ「安倍ファミリー」になりつつ
ある今、全体主義の防波堤は「ゴー宣道場」しかない。
堀潤の「激論!サンデーCROSS」も、その列に加わって、
戦って欲しいものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ