ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.8.31 11:58日々の出来事

本の宅配買い取り

本が増えすぎて、床に積み上がっていくまま片付かなくなり、新しく本棚を買い足すには間取りが足りないしで、古本の宅配買い取りというものを利用してみた。

ネットで申し込むと、まず空の段ボールが送られてきて、そこに詰めて、予約した日時に引き取りに来るのを待つんだけど…

詰めはじめてみると、「きっと二度と読まないけど一応この本は本棚に入れておきたい」みたいな所有欲が薄らいで、予定外の本もどんどん詰めて、段ボールが足りなくなってしまった。
買い取りセンターに電話すると、追加の段ボールは自前で用意してくれと言うので、近所のスーパーに山と積まれていたスポーツドリンクの空箱をもらってきて、また詰める、詰める。
最終的に全部で6箱になった。

線が引いてあったり、書き込みしてあったりで、買い取りに出せない本もいっぱいあって本棚は足りないんだけど、とりあえず許容範囲にはおさまった。

「バーコードのない本は買い取れません」と注意書きがあった。
もともと売るつもりなく大事にしている稲垣足穂、加藤郁乎、金子光晴なんかの昔の函入りの本はバーコードがついていない。
三島由紀夫はほとんど文庫だけど、「豊饒の海」だけフリーマーケットで見つけた村上芳正装丁のシリーズ。1冊100円×4冊で叩き売られてた。わざわざ箱に入った古い本なんか読む人いなくなってるから100円なのか、バーコードがない時代の本で簡単にネットで売れないから100円だったのか…どちらもだね。

詩集も作りがものすごく凝っていて、挿画もいいし、なんにしろ、もうこういう本が作られることはないというのが明らかだから、大事に持っていようと思う。

腰が痛い。
今日もまた注文した本が来ちゃう。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ