ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.9.23 16:16皇室

「痛いとはどういうことか

『SAPIO』9・10月号に
「天皇の畏るべき言葉」という特集。
 
それに、昭和天皇の最晩年にお側に使えた
元侍医の伊東貞三氏の証言が載っている。
 
「過去に一度、陛下(昭和天皇)に
『お痛みですか』とうかがったことがあります。
陛下は『痛いとはどういうことか』とお応えになりました。
痛いと訴えることは天皇としてふさわしくない
振る舞いとお考えになったのでしょうか。
あるいは、国民に心配をかけまいとしたのかもしれません。
陛下のお気持ちは私には分かりませんが、
痛みについて最後までお話しになりませんでした」と。
 
この証言に接し、私はかつて日本赤十字関係者から
伺った話を思い出した。
 
「昭和天皇は最後の111日間のご闘病において、
お苦しい中でも不平や我が儘を一切おっしゃらない、
まさに理想的な患者でいらっしゃった。
ただ困ったのは、『痛い』とか『苦しい』という事すら
おっしゃらないので、正確なご症状が分かりにくかった」と。
 
お苦しい不治の病床にあられながら、
「痛い」とおっしゃられる事すら
最後まで控えられた、天皇という地位の重さ。
 
それは、もはや我々の想像を超えた
次元に属しているだろう。
 
なお、同特集には私も拙い一文を寄せた。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ