ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.9.26 00:23日々の出来事

「新潮45」休刊に乗じた門田隆将氏の悪質デマ

BLOGOSの門田隆将氏の記事「『新潮45』休刊に異議あり」に
まったくおかしなことが書かれている。

「新潮45」が休刊したことについては、いろいろな意見がある

と思うし、私自身は休刊でない手段をとってほしかったが、
門田氏は、まず「生産性がない」が非難された件について、

《一部の「言葉」や「文章」を引っ張り出して来てそれを論難する、
一種の“ストローマン手法”と言える》

と書いている。
なんだか耳慣れない外国語を使って専門家らしく論じているが、
これは藤岡信勝氏がフェイスブックに書いていたことと似ていて、
要するに「言葉狩りだ」と言いたいわけだ。

言葉狩りなら、なぜ杉田議員は正々堂々と記者会見を開き、
その弁を述べなかったのか?
マスコミを集めてじっくりと時間をとって説明すればいい。
それができないのはなぜか?
説明できるだけの事実がないからだ。

朝日新聞を叩くためにLGBTを差別する杉田水脈論文
に書いた通り、そもそもLGBT関連予算は微々たるもので、
わざわざ取り上げて叩くほど投入されている事実はない。
この時点で杉田議員の言い分は事実にもとづかず、
崩壊しており、残されているのは「朝日新聞叩き」と
「LGBTへの差別心」という動機
だけなのだ。

しかも、門田隆将氏は、こんなことを書いている。

《新潮45は、8月号で自民党の杉田水脈氏の『「LGBT」支援の度
が過ぎる』という論文を掲載し、国が「LGBT」支援を意識し過
ぎており、少子化への対策その他がおろそかになっている実態
を痛烈に告発した》

これは完全におかしい!
杉田議員の論文をいま読み直したが、そんなことは書いていない。

「LGBTに税金を投入することが果たしていいのかどうか?」と、
投入されてもいない税金について問題視したのであって、
「少子化対策がおろそかになっている」とは書いていない。

それを門田氏は、さも、LGBT支援がほかの対策にまで影響を
及ぼしているように書き、
「少子化への対策その他がおろそか
になっている実態
とまで表現。

そんな実態がどこにあるのか?
門田氏は、杉田議員すら書いていないような完全なるデマを
創作して
ばら撒いているのだ!

わざとデマを作ったのか?
それとも、自分が杉田論文を読解できていないのに、
「ストローマン手法だ」なんて言っているのか?
どちらにせよ門田隆将氏のこのブログは相当に悪質です。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ