ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.9.28 14:14その他ニュース

正直者・古谷ツネヒラの告白

昨日(9月27日)の東京新聞の特集記事「こちら特報部」では「新潮45」がヘイト記事に手を出して休刊に追い込まれた件を扱っていましたが、その中に古谷経衡が登場して、こんなこと言ってます。

 「ヘイト本は売れる」。自身の体験からそう話すのは、保守論客として知られる評論家の古谷経衡氏だ。
 古谷氏の商業ライターとしてのデビューは10年、韓国や北朝鮮への批判に軸を置いたオピニオン誌。当時、ヘイト表現を含む右派論壇誌が盛んに出版されていた。「編集者から『読者の留飲を下げることをあおり気味に書いてもらえば売り上げの見通しが立つから、後は好きに書いてよい』と言われた」と振り返る。編集者は売り上げ目当てで「右翼思想などなかった」と語る。
(中略)
古谷氏は「左派系の言論空間で認められるには、学会などの功績や有力者とのコネが求められ、障壁は高い。他方、右派系の論壇誌は敷居が低く、若い書き手が参入しやすい。一部の媒体では『韓国が嫌い』と言っていれば何でも書けた。『竹島に行ってきた』などと言えば、それこそ引く手あまただった」と話す。

いや~、正直な人だ、ツネヒラちゃん!

これほどあけすけに、自分のことを、思想も何もなく商売だけでやっているヘイト雑誌に迎合して、実力も何も無くても障壁なく参入できる右派系媒体だったからデビューできて、時流に乗っただけで本が出せていたライターだと告白するとは!


そんな人間のくせに、「新潮45」では、自分には単著を20冊出した「経験と蓄積」があるが、山尾志桜里には単著がないなんて、えらそーに書いているんだから、本当にわけわかりませんわ。

しかし、東京新聞もバカですねえ。
「古谷氏は現在、『ネット右翼の思考の狭さや偏り』に疑問を感じ、距離を置いた視点から執筆活動をしている」
なんて書いてます!

古谷はカメレオン男で、相手に合わせてどんな口から出まかせでも言うんですよ!

他ならぬ、この特集記事で扱っている新潮45の休刊号に、古谷は完全なネトウヨ記事書いてるじゃないですか。
それも読まずに古谷に取材して、言ってること鵜呑みにしてるんですか?

こんなチョロイ記者がいるから、古谷みたいなライターでも生きていけるんですなあ。

 

古谷経衡批判バックナンバー
古谷ツネヒラちゃんの陳腐な『戦争論』批判
古谷経衡の戦争論批判が陳腐である理由
『戦争論』の「ネタ本」が渡部昇一だという下司ライターのデマ
『戦争論』の中核『南の島に雪が降る』
『戦争論』の「情の論理」がわからないかわいそうな人たち
なぜ『戦争論』が大東亜戦争肯定論を書いたかわからないやつら
情も知性もないことを自ら晒しているライター
よしりんに「さようなら」できないツネヒラちゃん
ツネヒラちゃんの言動の「元ネタ」は渡部昇一?
古谷経衡さんを誤解していました。
ストーカー古谷ツネヒラのデマツイート

『女政治家の通信簿』批判
1.男女格差ランキング114位を実証する国辱記事
2.女性の地位が低い理由を「自己責任」に転嫁する古谷経衡
3.欺瞞と矛盾の塊!古谷経衡『女政治家の通信簿』
4.古谷経衡がルックスにこだわる理由
5.古谷経衡は女性を個として認識していない
6.古谷経衡「女性政治家の地位が低いのは天皇制のせい」?
7.男尊女卑の本音は細部に表れる
8.所詮は権力と共謀している古谷経衡
9. 今さらの疑問
10.古谷経衡は差別者の味方

その場で言えず「新潮45」で悪口雑言のヘタレ古谷経衡
カメレオン古谷経衡の卑怯極まりない記事

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ