ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.10.4 20:50メディア

町山智浩が残念な人になっている。

映画評論家の町山智浩氏が「小林よしのりは『戦争論』を描いたことを謝ってほしい」みたいなことをツイッターに書き、それに対してよしりん先生は昨日、ブログで「しかし、町山って相当な馬鹿だね」と批判し、氏の映画評論についても「警戒した方がいい」と書きました。
朝日新聞、インタビューの波紋

町山氏の映画評やアメリカ時評は私も時々読んでいたのですが、どうやら町山氏はよしりん先生が指摘したとおりに、というよりそれ以上に、残念な人になっているようです。

今年6月、映画『万引き家族』がカンヌ映画祭最高賞・パルムドールを受賞した際、是枝裕和監督が文科相からの祝意を辞退したことに対して、ネトウヨ連中が是枝監督をバッシングし、映画を見もせずに「万引きを肯定するような映画はけしからん!」などと、頭が悪いとしか言いようのない難癖をつけました。

町山氏はこの事態に憤慨。
それはいいのですが、ツイッターに

〈「『万引き家族』は釣り竿盗んだ」「犯罪だ」と怒りながら、加計学園に公金が96億円流れても怒らない人たち。〉
と書いてしまった。
これはいけない。関係ないもの、加計学園問題は。

するとこれにネトウヨがワンサカ押し寄せて「加計学園の何が悪い!」などと、さらにおかしな反論を浴びせてきました。
どうも町山氏、これで逆上して完全にどうかなってしまったようで、TBSラジオ『たまむすび』で、こう発言してしまいました。

〈スーパーでほんの少し、家族全員が食べるご飯をとっているだけなんですよ。それで「万引きなんかしやがって!万引きなんか犯罪じゃないか!」って……ちょっと待て。彼らは慟いていてもご飯が食べられなくて、わずかな食べ物がほしくて万引きをしているんですよ。この映画の中でね。それ、スーパーとかで年間、どれぐらいの食料が賞味期限切れということで捨てられていると思いますか?〉

『万引き家族』って、そんな映画じゃないでしょう?
スーパーの廃棄食品とか、あの映画に関係ないはずですが???
ネトウヨのイデオロギーによる非難に対抗しようとして、町山氏は逆のイデオロギーに嵌ってしまい、イデオロギーの色眼鏡でしか『万引き家族』を見れなくなってしまったようです。

この映画評に対して、ツイッターでこんな批判が寄せられました。

〈万引き家族は悪い映画ではなかったが、町山さんのこの書評はダメやろ。というか、映画見てないだろう。「彼らは働いていてもご飯が食べられなくて、わずかな食べ物が欲しくて万引きしてる」じゃないよ。思いっきり換金目的で釣竿盗んだり車上荒らしして、稼いだ金で旅行やパチンコしてたじゃん〉

この人はネトウヨではなく、真っ当な批判をしているのに、もう町山氏はその区別がつかなくなっていて、直ちにこう反論したのでした。

〈だから彼らを許せないというんですか? 海水浴は奇跡のような贅沢で、普段は最低限のつつましい生き方をしていたと思います。是枝監督は、年金の不正受給者を断罪する人々を見て『万引き家族』を作ったと語っていますが、よくわかります。ちなみに釣り竿は父子の絆のように大事に持っていましたね。〉

「あなたの解釈はおかしい」と言われたのだから、「いや、この解釈で正しい」と返さなければ映画評論家としてダメでしょ。「じゃあお前は映画の登場人物を許せないというのか!」ってキレてちゃ、話にならんでしょうが。

ここまでイデオロギーありきの人になっちゃって、映画が何を描いているのかも見誤るようでは、たとえ『戦争論』を読んでいても、そのテーマを読み取ることなど到底不可能でしょうね。

町山智浩、大丈夫?
こんなんで映画評論家、やっていけるんでしょうか?

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ