ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2018.10.12 21:26お知らせ

「黒帯編」が届きました。

本日夕方、ゴー宣〈憲法〉道場(黒帯編)の
見本が届きました
「属国の9条」と銘打ってあって、
黒地に赤の人物イラスト、
小林先生はじめゲストの先生方がズラリ。
かなりの迫力です。まじでビビる。

でもご安心ください
ページをめくれば、最初は小林先生ともくれんさん、
みなぼん、そして私の4人で楽しくおしゃべりした
内容が収録されていて、気軽に読むことができます。
編集担当者さんが上手にまとめてくださいました。
小林先生の力説している様子を想像しながら
読んでもらえると、より楽しめます

そこで憲法の基本的な問題点を抑えてから、
さあ、5月3日の拡大版道場へ!!!
……という流れになっております。

今回は門下生の皆さんが寄せたコメントが
欄外に記されていて、これを読むだけでも楽しい!
皆さん自分の言葉で語ってくださっているので、
短い字数ながらも考えさせられたり、納得させられたり、
キラリと光る表現に恐れおののいたりしています。

この本、いろんな味わい方がありますぞ。
14日の道場でも販売されるようなので、
参加される方はぜひ手に取ってみてくださいね

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院在学中。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第77回

第77回 平成30年 11/11 SUN
14:00

テーマ: 「『戦争論』以後の日本と憲法9条」

INFORMATIONお知らせ